Logo

Metricbeat

メトリックスの軽量シッパー

システムやサービスからメトリックスを収集。CPUからメモリ、RedisからNginxなどなど、Metricbeatはシステム統計情報を送信するための軽量な方法です。

製品のアップデート情報を入手する。

システムレベルのモニタリングをシンプルに。

MetricbeatをLinux、Windows、またはMacホストに展開して、Elasticsearchに繋ぐだけで、システムレベルのCPU使用状況、メモリ、ファイルシステム、ディスクI/O、ネットワークI/Oの統計情報に加え、システム上で実行中のすべてのプロセスについて、topコマンドを使ったときのような統計情報があっという間に表示されます。

バイナリは1つ、モジュールは多数

Metricbeatには、Apache、NGINX、MongoDB、MySQL、PostgreSQL、Redis、ZooKeeperなどのサービスのメトリクスを収集する内部モジュールがあります。インストールは簡単で、依存性はまったくありません。設定ファイルで目的のモジュールを有効にするだけで完了です。

欲しいモジュールが見つからないなら、自分で作成することもできます。Go言語で書かれているため、新しいMetricbeatモジュールは簡単に作成できます。


コンテナ対応

最近Dockerに何もかも移しているとしたら、同じホストにある別のコンテナにMetricbeatを展開すれば、そのホスト上の他のすべてのコンテナについての統計情報が収集されます。Metricbeatはまず、cgroups情報をprocファイルシステムから直接読み取ります。つまり、Docker APIに対するアクセス権限は不要ということで、他のランタイムについても同様に動作します。

ElasticsearchまたはLogstashに送信。Kibanaで可視化。

MetricbeatはElastic Stackの一部です。つまり、Logstash、Elasticsearch、Kibanaとシームレスに動作します。メトリックスをLogstashで整形または情報を付加する、Elasticsearchで分析結果を編集する、Kibanaでダッシュボードを作成して共有する。どんな場合でも、Metricbeatでしかるべき転送先にデータを簡単に送信できます。

Metricbeatの使い方

Metricbeatを起動すると、マジックが始まります。

ダウンロード

自由に利用できるオープンソース。