軽量メトリックシッパー

システムやサービスからメトリックスを収集。CPUからメモリ、RedisからNGINXなどなど、Metricbeatはシステム統計情報を送信するための軽量な方法です。

製品のアップデート情報を入手する。

New Metricbeat now has spooling to disk so you never miss a beat, even if network issues interrupt the flow. Read More

システムレベルのモニタリングをシンプルに

MetricbeatをLinux、Windows、またはMacホストに展開して、Elasticsearchに繋ぐだけで、システムレベルのCPU使用状況、メモリ、ファイルシステム、ディスクI/O、ネットワークI/Oの統計情報に加え、システム上で実行中のすべてのプロセスについて、topコマンドを使ったときのような統計情報があっという間に表示されます。ライブデモンストレーションで体験する

バイナリはひとつ、モジュールはたくさん

Metricbeatには、Apache、Jolokia、NGINX、MongoDB、MySQL、PostgreSQL、Prometheusをはじめ、様々なサービスのメトリックを収集する専用モジュールがあります。インストールは簡単で、依存性はまったくありません。設定ファイルで対象のモジュールを有効にするだけで完了です。

欲しいモジュールが見つからないなら、自分で作成することもできます。Go言語で書かれているため、新しいMetricbeatモジュールは簡単に作成できます。


コンテナ対応

Dockerでの運用がお望みであれば、Metricbeatを専用のコンテナにインストールして、同じホストのすべてのコンテナの統計情報を収集することができます。Metricbeatは、cgroupsの情報をprocファイルシステムから直接読み取ります。つまり、Docker APIに対するアクセス権は不要で、他のランタイムについても同様に動作します。Docker専用のAutodiscoveryを使用すればもっと簡単に、MetricbeatのModuleの実行をお手伝いします。

ElasticsearchまたはLogstashに送信。Kibanaで可視化。

MetricbeatはElastic Stackの一部です。つまり、Logstash、Elasticsearch、Kibanaとシームレスに動作します。メトリックをLogstashで整形または情報を付加する、Elasticsearchで分析結果を編集する、Kibanaでダッシュボードを作成して共有する。どんな場合でも、Metricbeatでしかるべき転送先にデータを簡単に送信できます。

Metricbeatの使い方

Metricbeatを起動すると、マジックが始まります。

ダウンロード

オープンかつ無料で利用できます