セキュリティ
飲食

グローバルに事業展開する大手食品・飲料製造企業はセキュリティとオブザーバビリティの向上を目指し、SplunkからElasticに移行しました。

すぐれた異常検知でリスクを軽減

Elastic Stackに搭載された機械学習がネットワーク全体にわたって正確に異常を捉え、セキュリティ脅威を低減・最小化しています。

MTTRの短縮でパフォーマンスを向上

Elasticsearchの強みはスピードです。クエリを高速に実行するElastic Stackの導入で、Splunkからの移行前に比べて調査時間が短縮し、消費者向けアプリのセキュリティ、ヘルス、パフォーマンスが向上しています。

ローコスト×大規模データ投入

セキュリティとアプリパフォーマンスデータの監視に関して、Elasticのソリューションはよりコスト効率にすぐれ、ライセンスによる制約もありません。

企業概要

米国を拠点とし、高い人気を誇る食品と飲料製品を世界中に供給している企業です。

SplunkからElasticに移行した理由

世界中に事業所があり、また製品への需要が成長していることから、eコマースプラットフォームとロボティックオートメーションシステムを安全に保つこと、またアップタイムを可能な限り最大化することはこの企業にとって不可欠です。

  • Elastic Stackに移行したことにより、パフォーマンスSLAを満たすことができるようになりました。Splunkの使用時には達成できなかったことです。多角経営の大規模企業としてeコマースプラットフォームとロボティックオートメーションをサポートするにあたり、同社はログ分析メトリックAPM向けのElasticオブザーバビリティソリューションに大きなメリットを見出しています。さらに、セキュリティやアラートといった各種機能も活用しています。
  • Elasticの機械学習は、Splunkに比べてより多くの異常を検知し、セキュリティ脅威の低減に貢献しています。
  • 現在、1日あたりの投入レートは600 GB、応答時間は1秒未満で、自社プラットフォームに60日間データを保持することができます。 SplunkからElastic Stackに切り替えたことで、ログのデータソースは増え、コストは下がりました。この結果、オブザーバビリティとセキュリティも向上しています。

SplunkからElastic Stackへの移行を検討されていますか?詳しくは、こちらをご覧ください