Developer Cloud Migration

あらゆるクラウドを横断するElasticに移行する

最新の機能にいち早くアクセスしましょう。パフォーマンスを最適化できるだけでなく、ダウンタイムなしにスムーズな移行プロセスを実現させ、内蔵型セキュリティのベストプラクティスをクラウド全体に適用できます。また、演算処理、メモリ、ストレージを常時適切に組み合わせて実行できます。Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud、Microsoft Azureから自由に選んで、または複数のクラウドを組み合わせて、グローバルにデプロイ&スケールしましょう。わずか数分で立ち上げ、使い始めることができます。

マーケットプレイスで購入する

AWSGoogle CloudMicrosoft Azure
videoImage

スピード、スケール、関連性

Elasticのマネージドサービスに移行する理由

デプロイを立ち上げて、仕事にとりかかりましょう。基盤インフラの管理は必要ありません。Elasticが引き受けます。Elasticの料金シミュレーターを使うと、最新のインフラとサポートリージョンの選択肢から指定して、デプロイのコストを試算できます。

  • 価値提供までの時間短縮

    Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud、Microsoft Azureから自由に選んで、または複数のクラウドを組み合わせて、グローバルにデプロイ&スケールしましょう。わずか数分で立ち上げ、使い始めることができます。設定不要の統合機能群を活用して、形式にかかわらず、データをシームレスにインジェストしましょう。全データをパワフルなKibanaのダッシュボードで分析して可視化できます。

  • パフォーマンスを向上

    ニーズに応じたスケールアップやスケールダウンを自動化で実行でき、使用したリソースの料金の費用しかかかりません。データティアを活用してローコストのオブジェクトストレージを利用すれば、さらにコストとパフォーマンスを最適化できます。複数のクラスターとクラウドプロバイダーを横断してデータを複製したり、検索することも可能です。こうした機能は、レイテンシーの軽減や信頼性の向上に役立ちます。

  • イノベーションを手にする

    ユースケースにぴったりな最新型の仮想マシンをご利用ください。複数のサブスクリプションレベルから、ニーズに最適なプランを選択できます。最新の、または既存のクラウドサービスをElasticに手軽に統合可能です。1クリックのアップグレードで、最新の機能と仕様にアクセスしましょう。

デプロイを移行する

デプロイを移行して、マネージドのソフトウェアとサービスを活用しましょう。データをより高速に、大規模に検索することが可能になります。環境全体にエンドツーエンドな可視性を確立する3つのテクノロジーを搭載した、唯一無二のサービスをご検討ください。

illustration-migrate-1-blond-hair-quote-bubbles-checkbox-security.png
illustration-migrate-1-blond-hair-quote-bubbles-checkbox-security.png

必要なすべての開発用リソースがクラウドにあり、すばやくアクセスして簡単に利用できます。Elasticが保守と管理を行うことで、ユーザーは開発のイニシアチブに集中できます。Elasticをクラウドにデプロイして、サポートや内蔵のセキュリティ、他にない機能群など、多数のメリットを活用しましょう。

組織で使われている検索、オブザーバビリティ、セキュリティの複数のツールを、1つのサービスに統合して管理できます。複数のクラウドプロバイダーを併用する、ハイブリッドクラウドをフレキブルに実行するなど、お好みのパブリッククラウドを選び、お好みの方法でデプロイ可能です。シンプルな管理で、コストとパフォーマンスの最適化機能、シームレスなデータインジェスト機能、1クリックのアップグレード機能、内蔵のセキュリティなど、すぐれた性能を実現できます。

各種資料

  • AWS移行ガイド

    ElasticのデータをAWSに移行する心の準備は万端ですか?移行ガイドで手順をご確認ください。

  • Microsoft Azure移行ガイド

    「クラウドプロバイダーを選ぶなら、絶対にMicrosoft Azure」とお考えですか?こちらの移行ガイドで手順をご確認ください。

  • Google Cloud移行ガイド

    組織のデータを簡単にGoogle Cloudに移行できます。こちらの移行ガイドで手順をご確認ください。

  • 導入理由が必要ですか?

    総所有コストを削減すると同時に、組織の能力を高めて“できること”を増やせます。

世界で愛され続ける実績と信頼、評価