分散設計

Elasticsearchは分散されているため強力であり、ノードを追加しても速度と安定性が得られます。分散型ソフトウェアを開発するために必ずしも分散型チームにする必要はありませんが、Elasticは自社で作り上げたそのようなソフトウェアの強みを会社の体制にも活かしています。

分散型システムと分散型チーム

イスラエル、ドイツ、オランダ在住のメンバーが立ち上げたElasticは、設立された瞬間から“分散型チーム”でした。私たちは元々オープンソースプロジェクトに参画しており、最高のコードと優れたアイデアが世界のあらゆるところで、さまざまな人によって生み出されることをよく理解していました。誰でも、どこからでも参加できる会社にした理由はそこにあります。

Distributed by design

多様性の強み

“分散”は、単に対応が早いとか、24時間サポートがあるという意味ではありません。人材が分散していることの本当の意義は、多様性ならではの強みを活かすことにあります。さまざまな人がいると、問題へのアプローチもバラエティ豊かなものになります。私たちは、職場における文化的多様性の利点を認識しています。

思考は文化によって形成されます。生まれた家庭や育てられ方、言語、伝統、周囲の環境、土地柄、学校教育…そうしたすべてのものが思考のパターンを形成します。Elasticが企業として成功するためには、あらゆるパターンの思考が必要です。

仲間意識を築く

Elasticは十分な意図を持ち、深く考えて雇用します。賢さ、好奇心、人柄、他者への敬意は、すべてのElasticianに求められる資質です。

私たちの目標は、ともに仲良く働ける人々の会社を作ることではなく、ともに作り出し、想像し、笑い合える会社を作ることです。誰がどこにいても、つながっていると感じる、そんな仲間意識の文化を築くことが目標です。たとえばビデオ会議や共有カレンダーの多い組織ほど、いろいろなことがうまくいきます。新しく入った社員に対し、ここではあらゆる文化が受け入れられると伝えることで、温かい歓迎になります。フレキシブルなスケジュールを設定することで、さまざまなタイムゾーンから働きやすくなります。同僚を常に最善の意図で受け止めることがとても大切です。

ユーザーとコミュニティを支え、分散したチーム

企業としてのElasticは、Elasticというコミュニティを構成する1つの要素にすぎません。社内のチームがElastic製品のユーザー(お客様であり、時にすぐれたエンジニアです)と直接コミュニケーションをとることが、Elasticが目指す成功に不可欠です。あらゆる場所で働いているElasticの社員がいることで、あらゆる場所のユーザーを理解することができます。ユーザーの所在地を問わず、言語や文化の壁に阻まれることなく、サービスを提供することができます。“分散した複数のチームを持っている”ことは時として大変な労力を伴います。いつも全員が“分散”している、というわけでもありません。しかし“分散”は、Elasticが目指す成功の土台です。

Elasticについて

Elasticの製品、活動、コミュニティについて詳しくご覧ください。

導入事例

導入事例

Elastic製品の導入事例をご紹介しています。

カルチャー

カルチャー

Elasticのカルチャーをお伝えしています。

プロダクト

プロダクト

Elastic製品の紹介です。