Elastic Stack 6.5 新機能ツアー

ベータ機能も含むと過去最大級の新機能の追加と、改善が行われた「Elastic Stack 6.5」。その内容をエキスパートが詳しくご紹介します。アプリケーション内検索から、ログ・セキュリティ分析、APM、BI用途など、幅広いユーザーに喜んでいただける内容です。

  • ダッシュボードのマルチテナントを実現するスペース
  • 迅速な災害時復旧を助けるインデックスのクラスター横断複製(ベータ)
  • Canvasのリリース(ベータ)
  • ロールアップの管理(ベータ)
  • インフラ専用UIとログ専用UI(ベータ)
  • CSVファイルのインポートと可視化(実験的)
  • Beatsの集中管理(ベータ)
  • APMの分散トレース対応(ベータ)とJavaエージェントのリリース
  • ODBCドライバ(アルファ)

Elastic Stack 6.5リリースブログもご覧ください。

ビデオをみる

You'll also receive an email with related content

Kosho Owa

Kosho Owa is a Principal Solution Architect at Elastic with over 12 years experience of leading cybersecurity software development teams and working with very large enterprise customers and xSPs. He covers from search to IT operational and cybersecurity analytics use cases and works together with customers to find out gems from massive volumes of heterogeneous data.

Jun Ohtani

Elasticで日本におけるコミュニティーエンジニアを担当。Elasticsearch勉強会の立ち上げを行うなど、日本で Elastic Stack (Elasticsearch, Kibana, Logstash, Beats)を広めている。