オンデマンドウェビナー

クラウドワークロードを保護するヒントとテクニック

主催者:

Jake King
Jake King

Elastic Security Lead & Co-founder Cmd Security

Elastic

Devon Kerr
Devon Kerr

Elastic Security Labs Lead

Elastic

概要

今や企業の85%以上がクラウドファーストモデルに移行し、それに伴いデジタルワークロードの95%以上がクラウドネイティブ環境に移行しています。これらの組織では、クラウドベースのワークロードを保護したり、脅威からの防御を行うために、どのような対策をしているのでしょうか。クラウドへのさらなる移行を妨げている要因は何でしょうか。クラウドでの脅威からの保護についての懸念はどうでしょう。エンドポイントやデータセンターの保護ほど簡単ではありません。

クラウド環境では、実行中のサービスやプロセス、データの正確な場所、データにアクセスしてきた共有サービスなどに関する可視化が不十分な場合があります。このウェビナーでは、Elasticの従業員がクラウドベースのセキュリティの課題を説明し、多くのお客様のクラウドインスタンスの保護を支援してきた方法を紹介します。この情報は、組織のリスクの軽減、クラウドセキュリティ態勢の強化、クラウド採用の促進、イノベーションの加速に役立ちます。

スピーカーは、Elasticセキュリティ担当リーダーおよびCmd Security社の共同創設者であるジェイク・キングと、Elastic Security Labs担当リーダーのデボン・カー。クラウド環境における脅威の軽減について議論します。

主なコンテンツ

  • クラウドの脅威が急増するしくみの理解 
  • クラウドの脅威に迅速に対処するためのベストプラクティス 
  • クラウドベースの攻撃の特定に必要な情報を充分に収集する方法のヒント

参考資料

注: このプレゼンテーションは英語です。

ビデオをみる

最新のElastic Stackに関する情報をお送りします。

MarketoFEForm