最適なサブスクリプションを選ぶ

セルフマネージドのデプロイで最大の成果を引き出す各種のオプションをご利用ください。

Elastic Cloud EnterpriseはElastic Cloudと同じテクノロジーで、Elastic Stackを使った複数のデプロイを一元的に管理します。

  • ベアメタル、仮想環境、プライベート、パブリッククラウドなど、あらゆる環境にデプロイ
  • 一元的な展開と管理、複数クラスターを監視
  • 常時最新のバージョン
  • ワンクリックでアップグレード、拡張
  • ロールベースのアクセス制御(ベータ)
  • リソースの用途に応じたタグ付けと、デプロイテンプレートの作成
  • 自動で定期的にバックアップ
  • リソースの利用状況を最適化
  • コンテナーを利用したリソースの分離
  • プラチナオプションの利用

24時間サポート、8名のコンタクトパーソン、プロジェクトとチケットは無制限、プラチナと同等のSLA

NEW:Elastic Cloud on Kubernetes(アルファ)登場。KubernetesでElasticsearchとKibanaをスムーズにデプロイ・運用できます。さらに詳しく

Elastic Cloud

Elasticがホスティングする、マネージドのサービス。

Elasticsearch Cloud
さらに詳しく
 

free

オープンソース

ダウンロード

ベーシック

無料

ゴールド

お問い合わせ

プラチナ

お問い合わせ
0
Elastic Stack
 
 
 
 
0
Elasticsearch
 
 
 
 
1
Kibana
 
 
 
 
2
Beats
 
 
 
 
3
Logstash
 
 
 
 
1
Elastic APM
 
 
 
 
0
APMサーバー
1
APMエージェント
2
KibanaのAPMダッシュボード
3
APM UI
4
分散トレース
5
アラート連携
6
機械学習連携
2
Elasticログ
 
 
 
 
0
ログシッパー(Filebeat)
1
一般的なデータソースのためのダッシュボード
2
ログUI
3
Elasticインフラ
 
 
 
 
0
メトリックシッパー(Metricbeat)
1
一般的なデータソースのためのダッシュボード
2
インフラUI
4
Elasticアップタイム
 
 
 
 
0
アップタイムモニター(Heartbeat)
1
Kibanaのアップタイムダッシュボード
2
アップタイムUI
5
Elastic Cloud on Kubernetes(アルファ)
 
 
 
 
0
KubernetesでElasticsearchとKibanaを実行
1
複数クラスターのプロビジョニングと管理
2
デフォルトのセキュリティと認証機能
3
カスタムクラスタートポロジーのサポート(Hot-Warm-Cold)
4
Elastic Local Volumeストレージドライバー
5
スナップショットとkeystoreの設定
6
ベーシック機能搭載クラスター
6
その他のサービス
 
 
 
 
0
Elasticマップサービス(ズームレベル)
10
18
18
18
1
Elastic Stack監視サービス
7
サポート
 
 
 
 
0
対応時間
営業時間中
24時間365日
1
応答時間
重大:4時間
L2:1日
L3:2日
重大:1時間
L2:4時間
L3:1日
2
無制限チケット
3
コンタクトパーソン数
6
8
4
ウェブと電話のサポート
5
緊急パッチの提供

* 現在、Elastic Cloud Enterpriseではご利用になれません。



本ページやその他のページ、当社のプレゼンテーション、記者発表、公式な発言などで言及している、未公開または正式版未公開のいかなる特徴、機能、サービス、製品の提供は予告通りに行われない可能性があります。製品の特徴や機能に関わる開発、公開は、当社が自由裁量の権利を独占的に有します。当社製品、サービスを購入する顧客は、現在提供中の特徴、機能に基づいて判断する義務を追います。

あらゆるプロセスを親身にサポート―立ち上げから開発、運用まで対応

大きな目標に挑む最初の一歩。その気持ちをよく理解しているエンジニアがサポートします。Elasticプロダクトとオプションに加えて、サポートもご活用ください。立ち上げから開発、運用に至るまで親身にサポートします。

ご質問をどうぞクエリをお待ちしています

技術面のご質問やお見積もりなど、お気軽に

We could have deployed Elasticsearch without the help of Elastic support, but it probably would have taken three times as long. And time is something you never have enough of in this business.

Kris Bandurski

EVP of Engineering | Green Man Gaming