2021年のライセンス変更に関するFAQ:

ElasticsearchおよびKibanaは、Apache 2.0ライセンスソースコードからServer Side Public License(SSPL)とElastic Licenseのデュアルライセンスに移行します。今後、ユーザーは適用するライセンスを選択することが可能になります。このライセンスの変更は、Elasticのコミュニティとお客様に対し、使用、修正、再配布、コラボレーションを目的としたコードへの無料かつオープンなアクセスを確保します。またこの変更は、クラウドサービスプロバイダーがいかなる還元も行わずサービスとしてのElasticsearchおよびKibanaを提供する行為を禁止することにより、Elasticが無料かつオープンに配布する製品の開発に対して行う継続的な投資を保護するものです。この変更は、7.11リリースより、この2製品の保守されているすべての枝番を対象に適用されます。また、Elasticのリリースは今後もElastic Licenseの下に提供されます。

ライセンス変更の概要


変更について簡潔にまとめると?

ElasticsearchおよびKibanaは、Apache 2.0ライセンスソースコードからSSPL 1.0とElastic Licenseのデュアルライセンスに移行します。今後、ユーザーは適用するライセンスを選択することが可能になります。直近3年間と変わらず、Elasticのデフォルト配布パッケージは引き続きElastic Licenseにより提供され、Apache 2.0ライセンスに基づく配布は今後行われません。


Elasticがこの変更を実施する理由は?

この変更は、Elasticのコミュニティとお客様に対し、使用、修正、再配布、コラボレーションを目的としたElasticsearchとKibanaへの無料かつオープンなアクセスを確保します。またこの変更は、クラウドサービスプロバイダーが修正部分、および、サービス管理レイヤーのソースコードを公開することなくサービスとしてElastic製品を提供する行為を禁止することにより、Elasticが無料かつオープンに配布する製品の開発に対して行う継続的な投資を保護するものです。


ユーザーだけど、どんな影響が生じる?

Elasticが提供するElasticsearchやKibanaのデフォルト配布パッケージをダウンロードしてお使いの場合、お客様に何も影響はありません。過去3年間と同様に、Elasticのデフォルト配布パッケージは引き続きElastic Licenseにより提供されます。Elasticsearchを使ったアプリケーションを開発されている場合、お客様に何も影響はありません。Elasticのクライアントライブラリは引き続きApache 2.0の下にライセンス提供されます。ElasticsearchやKibanaで各種プラグインをお使いの場合、お客様に何も影響はありません。


ElasticsearchやKibanaのコントリビューターには、どんな影響が生じる?

コントリビューションを行ってくださり、ありがとうございます!コードのライセンスがSSPLか、Elastic Licenseかに関わらず、これまで同様にElasticsearchやKibanaへのコントリビューションを行っていただくことができます。コントリビューションを行う方法について詳しくは、コントリビューターガイドをご覧ください。


有償のユーザーやパートナーに、どんな影響が生じる?

Elastic Cloudまたはセルフマネージドのサブスクリプションを通じてElastic製品をご利用のお客様・パートナー様には、何も影響はありません。


ElasticsearchやKibanaの修正バージョンを自社製品に組み込んでいる場合、どんな影響が生じる?

Elasticを有償でご利用のお客様、または、デフォルト配布パッケージの再配布契約がおありの場合、何も影響はありません。いずれも該当されない場合は、elastic_license@elastic.coまでお問い合わせくださるようお願いいたします。


デュアルラインセスの仕組みって?

Apache 2.0によりライセンス提供されるElasticsearchおよびKibanaのソースコードは、SSPLとElastic Licenseのデュアルライセンスに基づく形に変更されます。つまり、ユーザーがソースコードを使用する際に、どちらの利用規約がニーズにより合致するかを選択することができるようになります。これまでの約3年間と同様、Elasticのデフォルト配布パッケージは引き続きElastic Licenseでリリースされます。したがって、ソースコードを直接使用していないユーザーの場合、この変更による影響はありません。


SSPLとは?どのように作用する?

SSPLはMongoDBが作成したsource-available license(ソース利用許諾)です。MongoDBはオープンソースの理想を体現し、また製品をサービスとして第三者に提供する場合は、あらゆる修正、ならびに管理レイヤーのソースコードをSSPLの下にパブリックにリリースするというシンプルな要件に基づいて、無料かつ無制限に使用、修正、再配布を可能とするライセンス開発を目指しました。

SSPLはGPLv3に基づいており、コピーレフトライセンスの1つと見なされています。これは、ユーザーがソースコードを使用して派生製品(二次的著作物)を作成した場合に、その派生製品をSSPLに基づきライセンスしなければならず、また、一般にリリースすることが義務付けられることを意味します。詳しくは、MongoDBが公開しているFAQをご覧ください。


この変更の適用対象となるバージョンはどれ?

この変更は、ソースコードだけに係る変更です。Elasticは今後もElastic Licenseに基づき、無料かつオープンにリリースを提供します。この変更は、Elasticのソフトウェアのうち保守されているすべての枝番(6.8、7.x、およびmaster/8.0)に適用されます。またこの変更は、7.11リリースの一般公開に先立って適用開始となります。


ElasticsearchとKibana以外の製品にもライセンス変更は影響する?

いいえ。このライセンス変更は、ElasticsearchとKibanaに限り適用されます。他の製品群への影響はありません。一方でElasticはこれまでも常に、データ収集とシッピングのコンポーネントを可能な限り無料かつ簡単にアクセスできるものにしたいと考えてきました。この変更を通じてElasticsearchとKibanaに対する投資を保護することにより、Elasticは他の製品を一層オープンにすることが可能になります。Elasticは今後、Apache 2.0に基づくライセンス提供により、Beats、Agent、Logstashにさらに多くの機能を統合することを検討します。今後変更内容を追加すると判断する場合は、Elasticより別途お伝えいたします。


Elasticは今後もオープンソースソフトウェア開発を継続するの?

Elasticがオープンソースの原則にコミットする姿勢は、何一つ変わっていません。Elasticはこれまでと同様、これからも透明性とコラボレーション、コミュニティに重点を置いて活動します。クライアントライブラリ、Beats、Logstashのほか、Elastic Common Schemaなどの規格も含め、多数のElasticの製品とプロジェクトは引き続きApache 2.0のライセンス下に置かれます。またElasticはこれまでApache Luceneや他のプロジェクトについて行ってきたように、今後も変わらず他のオープンソースプロジェクトへのコントリビューションを継続します。


クラウドプロバイダーが提供するサービスとしてのElasticsearchを使っているけど、この変更の影響は?

この変更以降にリリースされるバージョンのElasticsearchやKibanaをパブリッククラウドプロバイダーが提供するには、SSPLまたはElastic Licenseに準拠する必要があります。


API経由でElasticsearchを使っているけど、この変更の影響は?

この変更は、Elasticsearchにアクセスするクライアントの使用方法に影響しません。Java High Level Rest Client(Java HLRC)を除くElasticクライアントライブラリは、引き続きApache 2.0に基づきライセンス提供されます。

Java HLRCはElasticsearchのコア部分と依存関係があるため、このクライアントライブラリはElastic Licenseに基づくライセンス提供となります。Elasticは時間をかけてこの依存関係を解消させ、Java HLRCをApache 2.0ライセンスに移行させる予定です。疑義を避けるために明記すると、移行までの間、ElasticはJava HLRCの利用を、 Elastic Licenseにおける派生製品としてElasticsearchにアクセスするためのアプリケーションやライブラリの開発におけるクライアントとして扱うことはありません。これは、ユーザーがこのクライアントライブラリを使って開発したアプリケーションのソースコードをライセンス提供する方法、あるいはそれを配布する方法に一切影響しません。

ご質問がおありの場合は、elastic_license@elastic.coまでお問い合わせください。


ElasticsearchやKibana向けプラグインを開発しているけど、この変更の影響は?

この変更は、ユーザーによるElasticsearchまたはKibanaのプラグイン開発、またはライセンス提供に影響しません。疑義を避けるために明記すると、ElasticsearchやKibanaで使用されるプラグインの開発は派生製品(二次的著作物)に相当せず、ユーザーが開発したプラグインのソースコードをライセンス提供する方法に一切影響しません。

ご質問がおありの場合は、elastic_license@elastic.coまでお問い合わせください。