Microsoft Azure、東京でElasticsearch Serviceの提供を開始 | Elastic Blog
ニュース

Microsoft Azure、東京でElasticsearch Serviceの提供を開始

Elastic CloudのElasticsearch Serviceの提供を、Azure東京(東日本)リージョンで開始いたしました。アジア太平洋で2番目、グローバルで5番目のAzureリージョンとなります。

現在サービスをご利用のお客様は、ログインするだけで、すぐにAzure東京リージョンのElasticsearch Serviceをお使いいただくことができます。サービスをはじめてお使いになる方は、14日間の無料トライアルに登録してお試しいただけます。

パワフルなセキュリティやインデックスライフサイクル管理、機械学習など、Elasticならではのすぐれた機能が揃っています。Kibana Lensで直感的に可視化したり、Canvasでクリエイティブなプレゼンテーションを作成してみましょう。使いやすいスライダーボタンやデプロイテンプレートで、プロビジョニングから設定、デプロイのスケールまで手軽に実施できます。アプリ検索やロギング、メトリック、APM、SIEM、BI/分析など、多彩なソリューションをご用意しています。

Elasticで日本のカントリーマネージャーを務める川崎友和は、以下のように述べています。

「ITのモダナイゼーション、DXが進行する中、オンプレミスや従来型のデータセンターからパブリッククラウドにデプロイしたアプリやサービスへと移行が進み、日本においては企業規模に関わらずクラウドの活用が非常に重要です。 そのような中、Microsoft Azureの存在感は日本で急激に高まっており、国内企業の多くがビジネス基盤として活用するMicrosoftプラットフォームとのシナジー、パートナシップ強化を大変嬉しく思います。 この度、新たにElasticsearch ServiceがAzure東京リージョンに対応したことで、検索やログ分析、APM、ビジネス分析、インフラ監視、セキュリティなどの様々なユースケースにおいてSaaSファーストのソリューションをお客様にご利用いただけます。」

ESS_Regional_Announcement_Templates.png

Microsoft×Elasticsearch Serviceのサービス拡充

ElasticはMicrosoftとのパートナーシップによりAzureでElasticsearch Serviceを提供し、既存のECEおよびElastic Stackへのサポートに加えることで、一層のサービス拡充を実現しています。Elasticは今後も新しいAzureリージョンでElasticsearch Serviceを提供し、Azureのお客様に可能な限り最高のElastic Stackエクスペリエンスをお届けしてまいります。

日本マイクロソフト業務執行役員Azureビジネス本部 本部長 浅野智氏は次のコメントを発表しました。

「この度9月の発表に次いでElasticsearch Service on Elastic Cloudの展開がAzureの東日本リージョンに拡大されたこと嬉しく思います。お客様が持つアプリケーションの検索、ロギング、監視、セキュリティなど多くの重要なニーズに応えるソリューションとして、MicrosoftとElasticは日本市場においても、両社のお客様のクラウド活用と更なる事業発展に貢献して参ります。」

ElasticおよびMicrosoft Azureのお客様はまもなく、Azure MarketplaceでElasticsearch Serviceのサブスクリプションをご利用いただくことができるようになります。

アクロクエストテクノロジー株式会社 代表取締役の新免流氏は次のコメントを発表しました。

「Elasticパートナーとして、またAzureパートナーとして、Elasticsearch ServiceがAzure東京リージョンに広がることを大変嬉しく思います。多くの日本企業にとって、エンタープライズ分野でのElastic/Azureの利用が簡単になることは、大きな朗報となるでしょう。」

Azure東京リージョンでElasticsearch Serviceを使いはじめる

既存のクラスターやデプロイの移行を検討されている場合は、Elasticが提供するドキュメントや、詳しい移行ウェビナーをご活用ください。ご質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。