ニュース

Elastic App Search ― すぐれた検索エクスペリエンスを無料で構築

検索バーを使うユーザーは誰でも、高速で、関連性の高い結果が表示される検索エクスペリエンスを期待します。それはGoogleでも、スマホのアプリでも、オンラインのショッピングサイトでも変わりません。Elasticsearchは、検索への期待値が常に上昇することを見越した数百万の開発者や組織に選ばれてきました。長年にわたってパワフルなコンテンツ検索エクスペリエンス構築に貢献し、オーディエンスやユーザー層に高い満足感を提供しています。全文検索の用途でElasticsearchを活用する複数の現場を観察した結果、開発されたプロダクトがElastic App Searchです。この無料のプロダクトを使えば、かつてないほどシンプルな手順でElasticsearchの性能を活用し、モダンな検索エクスペリエンスを構築できます。

App Searchの登場の背景には、多面的な原動力があります。何よりもまず、Elasticはプロダクトを使いやすくすることに一貫して注力しており、App Searchはその代名詞的存在です。設定不要の誤入力対応検索機能、事前調整済みのマルチリンガル関連性、パワフルな管理者向けダッシュボード等を搭載し、柔軟性を損なうことなく、ユーザーの作業負荷を大幅に軽減させています。

関連付け調整

関連性モデルを視覚的に調整でき、検索結果への影響をリアルタイムにプレビューできる

もう1つの原動力は、「すぐれた検索エクスペリエンスを構築するユーザーが、検索のエキスパートである必要はない」というElasticの中核となる信念です。ElasticはApp Searchを通じて、パワフルでモダンな検索エクスペリエンスへのアクセスの“民主化”を目指しています。つまり開発者以外の、技術だけを主眼としない業務に従事するWebサイト管理者やサポート担当者、マーケティングチームも自在に使える検索の提供です。

Elastic App Searchが無料提供される理由

多くのビジネスや顧客が、良質な検索の欠落がもたらす問題に悩んでいます。検索は現在、日常生活の中心にある技術です。あらゆる人がオンラインでの買い物をはじめ、サポートサイトで解決策を見たり、レストランを探したり、自治体Webサイトで重要な情報を検索したりしています。身近な情報はますますデジタルで消費されるようになり、情報消費のシナリオが多様化するとともに、すぐれた検索へのニーズも高まっています。

専売型ソフトウェアの導入にかかる初期コストは多くのケースで、特にプロジェクトのスコープが明確でなかったり、イノベーティブで実験的なユースケースでは、手が出ないほど高額です。Elasticの“無料かつオープンなソフトウェア”というモデルなら、ユーザーをソフトウェア選択の重荷から解放できます。長年にわたり、Elastic Stackが多くのユーザーに選ばれてきた理由もそこにあります。多くの専売型ソフトウェアの導入についてまわる問題を回避し、何より重要な側面として、ソフトウェア会社ではなく、ユーザーのニーズに沿ってスケールするというメリットを叶えました。Elastic App Searchにも同じ哲学が貫かれています。App Searchも導入が簡単で、規模を問わずビジネスのニーズにフィットさせることができます。

Elastic App Searchとは?

App SearchはElasticsearchと並列で実行でき、リッチな検索エクスペリエンスの構築プロセスをシンプル化する無料のプロダクトです。設定不要で使える高速な自動入力、誤入力許容、ファセットとフィルタリング、関連性にすぐれた結果表示をはじめ、Elasticsearchの主な機能を巧みに調整してあり、すべて運用可能な状態の設定を実装します。こうしたコア機能群に加え、App Searchはパワフルな管理者向けダッシュボードも備えています。このダッシュボードは開発プロセスをアシストするほか、運用開始後にはパワフルな関連性カスタマイズ機能や自動収集の詳細分析を活用した、検索エンジンのカスタマイズを支援します。

簡単に、すばやく導入できる

高速なコンテンツインデックスでスムーズに導入でき、数分で立ち上げ可能

関連付け調整、同義語、キュレーション、検索コンテンツマネージャーなど、すぐに使える各種機能も搭載されており、ポイント&クリック操作の直感的なインターフェースでデフォルトのアルゴリズムの振る舞いを調整できます。つまり、コードを一切書くことなく、検索アルゴリズムを変化する世界に適応させることが可能です。同様に、App Searchに内蔵の分析機能は、エンドユーザーの検索ビヘイビアを関連性やエンゲージメントの最適化に役立つ実践的なデータポイントに変換します。予定外にアドオンの購入を迫られることもありません。

内蔵の分析機能

詳細分析機能から、検索エンジンのエンドユーザーに対するパフォーマンスを把握できる

またElasticは、App Searchを補完する開発者向けの無料かつオープンなツール提供にも力を注いでいます。一例として、Search UI JavaScriptライブラリや、多数の人気言語で使えるネイティブAPIクライアントなどがあります。Search UIは、フロントエンドコードにいたるまでのあらゆる開発プロセスをシンプル化します。Search UIを使うと、自動入力ドロップダウンや検索フィルターなど、JavaScript駆動のUIコンポーネントを簡単に追加することができます。

無料かつオープンなSearch UIで開発をシンプル化

Search UIを使ってReactアプリにApp Searchの検索機能を追加できる

大きなことを、小さくはじめる

規模を問わず、プロジェクトにすぐれた検索を導入することは“当たり前”であるべきです。App Searchはパワフルでリッチな検索エクスペリエンスの構築を支援し、担当者が独自の問題解決に集中できる環境を整えます。法外な料金設定はイノベーションの妨げ以外の何物でもありません。成功を導く上で必要なのはプロジェクトの初期に支援してくれるテクノロジーであって、プロジェクトの足かせではありません。今日、小さな規模ではじめた概念検証が、いつの日か組織の基幹事業へと成長する可能性もあります。

検索のエンジン

Elasticが取り組むあらゆることの中核に、この分野をグローバルにリードするオープンソースの検索エンジン、Elasticsearchがあります。App Searchの核となる基盤テクノロジーにも、スピードとスケール、関連性にすぐれた設計のElasticsearchが使われています。App SearchはElasticsearchの強みを生かしつつ、より便利に、使いやすく作られています。

Elasticが目指すゴールはこれまでも、これからも、「すぐれた検索を、すべての人に提供すること」です。Elastic App Searchをお使いのインフラに無料でダウンロードしてインストール、および管理することも、リソースベースの料金体系で“使った分だけのお支払い”が叶うElastic Cloudにデプロイすることもできる仕様となっているのはそのためです。

無料トライアルをお試しください

無料でElastic App Searchをダウンロード&実行することも、お好みのクラウドプラットフォームで最新リリースのマネージドサービスを使えるElastic Cloudの14日間無料トライアルをご利用いただくことも可能です。併せてディスカッションフォーラムでは熱気あふれるElastic App Searchコミュニティと意見を交わしていただくことができます。またElasticチームへのフィードバックや、ユニークな活用方法のシェアもお待ちしています。

We're hiring

Work for a global, distributed team where finding someone like you is just a Zoom meeting away. Flexible work with impact? Development opportunities from the start?