Elastic App Search+Google Cloud Firestoreで、検索エクスペリエンスを向上させる

blog-logo-app-search-720x420.png

Elasticは、Google Cloud Firestore向けElastic App Search拡張機能をリリースしました。Firebase拡張機能のディレクトリを数回クリックするだけで、Firestoreをベースに構築されたモバイルアプリ、およびWebベースアプリに手軽に検索機能を追加できます。

カスタマーバリューの向上

顧客がモバイルアプリやWebベースアプリに求める重要な要件の1つが、インタラクティブでリッチな検索機能です。ストアで商品を検索する場合も、サポートサイトで記事を検索する時も、公式ブログで記事を探す時も、顧客は結果が高速に表示されることを期待します。Google Cloud Firestore向けElastic App Search拡張機能には堅牢な関連性調整機能が搭載されており、特定のFirebaseアプリデータ、あるいは、顧客の好みに応じて検索結果をカスタマイズできます。さらに入力候補や誤入力対応、フィルターやファセット機能も内蔵されており、洗練された検索エクスペリエンスの提供に貢献します。また、Elastic App Searchの分析機能で検索の測定、調整を実行し、要件の変化に応じて簡単に検索を適応、スケールさせることが可能です。アプリ上での顧客の検索行動や傾向について包括的な可視性を確立でき、改善すべき領域に集中して取り組むことができます。

インストールと管理をスムーズ化

開発者の多くは、モバイルアプリやWebベースアプリの開発に伴うタスクを削減し、新製品を早期開発する、また顧客の要望にタイムリーに応える、という目的でFirebaseを使用しています。FirestoreはFirebaseとGoogle Cloudのどちらからも利用可能なNoSQLデータベースであり、アプリデータを格納、同期することができます。GoogleとElasticは、アプリにパワフルな検索エクスペリエンスを構築する、使いやすくスムーズな手法の提供を実現させるべく協働してきました。その成果が、このFirestore向けFirebase拡張機能です。

かつては、アプリに効果的な検索エクスペリエンスを追加する作業が一筋縄ではいかないことも少なくありませんでした。しかし、この拡張機能がリリースされたことで、時間のかかるインストールやソフトウェア保守作業は不要となり、開発者はビジネスの目標やアプリの機能向上に注力できるようになりました。実際の検索向けに最適化された関連性モデルや直感的に操作できるダッシュボード、高速な立ち上げといった多数のメリットに加えて、Elasticsearchのスケーラビリティとスピードを活かすことができます。

使いはじめる

Google Cloud Firestore向けElastic App Search拡張機能は、わずか数クリックで使い始めることができます。ここからは、開発者と顧客に最適なエクスペリエンスをもたらす導入の手順をご説明します。

はじめに、エンタープライズサーチのデプロイを立ち上げます。

  1. Cloudで、App Searchプロジェクトを作成します。この操作は、[Create Deployment](デプロイを作成)ページで実行できます。

 

  1. デプロイが作成されたら、Kibanaのサイドバーで[App Search]をクリックし、使用する検索エンジンを作成します。

 

  1. App Searchに関する情報をいくつか入力します。
    1. 作成した検索エンジンの名前
    2. App Searchプライベートキー
    3. エンタープライズサーチインスタンスのベースURL

プライベートキーとベースURLは、[Credentials](認証情報)ページで確認できます。このページを開くには、サイドバーで[App Search]→[Credentials]に進みます。

We're hiring

Work for a global, distributed team where finding someone like you is just a Zoom meeting away. Flexible work with impact? Development opportunities from the start?