PRESS RELEASE

2021 Gartner Magic Quadrant for Security Information and Event Management、Elasticを選出

直近12か月を対象とするGartner Magic Quadrantで3番目の評価を獲得
2021年7月6日

Elastic報道関係担当

Elastic 広報

PR-Team@elastic.co
カリフォルニア州マウンテンビュー -2021年7月6日 -

ElasticsearchおよびElastic Stackを展開するElastic(NYSE:ESTC、「Elastic」)は本日、2021 Gartner Magic Quadrant for Security Information and Event Management (SIEM)1に選出されたことを発表しました。無料のレポートをこちらからダウンロードしてご覧ください。

Gartnerは、「セキュリティおよびリスク管理のリーダー層では、攻撃検知、調査、対応、コンプライアンス性能を搭載したSIEMソリューションへのニーズがますます過熱している。しかし彼らは、そのニーズをソリューションの実行に必要なリソースとすり合わせなければならない(拙訳)」と報告しています。

Elastic Stackのスピードとスケールをベースに構築されたElasticセキュリティは、SIEMとエンドポイントセキュリティ、XDRを単一のプラットフォームで提供します。具体的には、クラウド規模の、忠実性にすぐれた脅威検知と防御、アナリスト向けに最適化されたハンティング、インシデントレスポンス、セキュリティ分析、エンドポイントセキュリティを含む機能を備えています。Slackクレディ・スイスオックスフォード大学ソフトバンクをはじめ、Elasticをセキュリティ管理プラットフォームに利用する組織は数千社に上ります。

Elasticは、このセキュリティソリューションに搭載された以下の機能が差異化をもたらし、レガシーSIEMに代わるパワフルかつ確立された選択肢になると考えています。

  • SIEM、エンドポイントセキュリティ、XDR機能を統合する単一かつオープン、フレキシブルで拡張可能なプラットフォームで、損害が生じる前に防御、検知、対応を行うことが可能。
  • 制約のない分析のために構築されたプラットフォームをスケールしてデジタルトランスフォーメーションを加速させることにより、数年分の履歴データコンテクストをはじめ、ハイブリッドやマルチクラウドのアーキテクチャーを横断する全テクノロジースタックのデータをセキュリティチームが活用できる。
  • 層の厚いユーザーコミュニティでの導入実績やサポートがあることで、高度なセキュリティ機能の導入やSecOpsエクセレンスの達成のハードルが下がる。
  • 実践的なデータを集約して数年にわたり保持して、自動、およびアナリスト主導の分析を実行することで巧妙な攻撃の防御、検知、対応を可能にする。
  • 単一のエージェントでホスト検知、データ収集、アンチマルウェア、ランサムウェア防御に対応し、エンタープライズセキュリティスタックをシンプルに保つ。

Gartner Peer Insightsによるレビューでは、2021年6月30日現在、50件のレビューから算出するSIEM市場での総合スコアが5点中4.7点となっており、ElasticセキュリティのSIEMは顧客から高い評価を受けています。

詳細については、2021 Gartner Magic Quadrant for Security Information and Event ManagementおよびElasticブログ記事「Elastic Security Recognized in the 2021 Gartner Magic Quadrant for SIEM」(2021 Gartner Magic Quadrant for SIEM、Elasticセキュリティを選出)をご覧ください。

今回の調査発表に寄せて

  • Elasticセキュリティゼネラルマネージャー、ネイト・フィックは次のコメントを発表しました。「ElasticはSIEMについて独自のビジョンを掲げています。それは、“SIEMはスケーラブルで高速、かつセキュリティチームの誰にでもオープンであるべき”というものです。今回の選出について、比類ない使いやすさと、実力ある脅威ハンティング能力、フレキシブルなリソースベースの料金体系を組み合わせ、一元的なセキュリティソリューションを提供する、Elasticセキュリティ独自のアプローチが評価されたと受け止めています」

[1] Gartner, "Magic Quadrant for Security Information and Event Management" Kelly Kavanagh, Toby Bussa, John Collins, June 2021

Gartnerの免責条項:

ガートナーはそのリサーチ資料で取り上げる特定のベンダー、製品、サービスを推奨することはなく、最も高く評価したベンダーやその他の位置付けを行ったベンダーのみを選定するようテクノロジーユーザーに助言することもありません。ガートナーのリサーチ資料を構成するのはガートナーのリサーチ組織の見解であり、事実の表明として解釈されるべきものではありません。Gartnerはそのリサーチに関して、明示的にも暗黙的にも、商品性および特定の目的に対する適合性を含め、すべての保証を否認します。

Gartner Peer Insightsレビューは、独自の経験に基づく個々のエンドユーザーの主観的な意見であり、Gartnerまたはその関連会社の見解を表明しているわけではありません。

Elasticについて

Elasticは、無料かつオープンな継承資産を礎に設立された検索会社です。Elasticのプロダクトとソリューションはだれでもすぐ、ストレスフリーに使いはじめることができます。Elasticはあらゆる環境にデプロイできるテクノロジースタックをベースに、エンタープライズサーチ、オブザーバビリティ、セキュリティの3つのソリューションを提供しています。ドキュメント検索からインフラ監視、脅威ハンティングまで、リアルタイムで、大規模なデータ活用を実現します。Elastic StackはCisco、eBay、Goldman Sachs、Microsoft、The Mayo Clinic、NASA、The New York Times、Wikipedia、Verizonを含む世界中の企業や組織で採用され、ミッションクリティカルなシステムを支えています。Elasticは、地球上のあらゆる場所で社員が働く「分散型企業」として2012年に設立され、ESTCのシンボルでNYSEに株式を公開しています。詳しくは、elastic.co/jpをご覧ください。

Elasticおよび関連するマークは、Elastic N.V.およびその子会社の商標または登録商標です。他のすべての会社名および製品名は、該当する所有者の商標である場合があります。