PRESS RELEASE

Elastic、Elasticセキュリティに内蔵のLimitless XDRのリリースおよび一般公開、Elastic Agentの一般公開、Elasticエンタープライズサーチの一元的管理機能のリリースを発表

可視性、制御性、セキュリティアクセスの強化を組織規模で実現する各種新機能が、全ソリューションに登場
  • 全データソースとエンドポイントにわたり、統合されたデータインジェスチョンと保護を実現するElastic Agentを一般公開
  • 業界初の無料かつオープンなLimitless XDRがElasticセキュリティに登場、組織保護のための一元的な防御、検知、調査、対応機能の提供を開始
  • 安全かつ一元的なエージェント管理で遠隔測定データのシンプル&高速な収集が可能となり、Elasticオブザーバビリティの可視性・制御性が向上
  • 業界最高水準のエンタープライズサーチに、Kibanaからアクセス可能に
2021年8月3日

Elastic報道関係担当

Elastic 広報

PR-Team@elastic.co
カリフォルニア州マウンテンビュー -2021年8月3日 -

ElasticsearchやElastic Stackを展開するElastic(NYSE:ESTC、以下"Elastic")は本日、業界初の無料かつオープンなLimitless Extended Detection and Response(XDR)をリリースし、一般公開したことを発表しました。 

今回登場した新機能の1つが、一般公開へ移行したElastic Agentです。Elastic Agentは単体の一元的なエージェントとして動作し、増え続ける多様なソースのデータ管理と監視をシンプル化します。またFleetで一元管理でき、ユーザーの環境全体に広範な可視性と制御性をもたらします。

Elasticセキュリティユーザーには、Elastic Agentに内蔵のランサムウェアとマルウェアの防御機能に加え、エンドポイントで提供されるダイレクトな修復機能が大きなメリットとなります。Elasticオブザーバビリティでは、アプリケーションとインフラストラクチャー全体にわたる可視性の向上のほか、安全かつ一元的なエージェント管理機能が登場し、ユーザーにメリットをもたらしています。

Elasticは、業界初の無料かつオープンなLimitless Extended Detection and Response(XDR)をリリースし、一般公開したことを発表しました。Elastic Limitless XDRはElasticセキュリティに搭載され、SIEM、セキュリティ分析、エンドポイントセキュリティの各機能を1つのプラットフォームで一元的に提供することにより最先端のセキュリティオペレーションを実現します。

また、ElasticエンタープライズサーチをKibanaで一元的に管理できるようになりました。KibanaはすべてのElasticソリューションに対応する単一の管理インターフェースです。

Elastic Stack、Elastic Cloud、および各種ソリューションに導入されるこの他の主要なアップデートは次の通りです。

Elastic StackとElastic Cloud

ElasticはElastic Agentと、Elastic Fleetによる一元的な管理機能の一般公開を発表しました。Elastic Agentは7.9リリースにおいてベータで初登場し、今回の7.14リリースで一般公開へ移行しました。単体の一元的なエージェントとして動作し、新規のデータソースを高速に接続、管理できるだけでなく、サイバーセキュリティ脅威からエンドポイントを保護します。Elastic AgentはElastic Stackの1機能として提供され、ElasticセキュリティおよびElasticオブザーバビリティソリューションの双方で横断的にバリューを提供します。

またElasticは、Microsoft Azure Private Linkのサポートを一般公開したことを発表しました。ユーザーはPrivate Linkエンドポイントを使ってElastic CloudのデプロイとAzureクラウド環境とを安全にプライベート接続でき、組織のデータがオープンなインターネットに露出することがありません。

Elasticセキュリティ

Elasticは、業界初の無料かつオープンなLimitless Extended Detection and Response(XDR)をElasticセキュリティの1機能としてリリースし、一般公開したことを発表しました。一般公開を迎えたElastic Agentにより動作するLimitless XDRは、SIEM、セキュリティ分析、エンドポイント分析の各機能を1つのプラットフォームで一元的に提供します。データサイロを排除し、アラート疲れを軽減するほか、クラウド規模で脅威をすばやく停止させるために必要な武器を供給し、環境全体の可視性を強化します。

またElasticセキュリティ7.14では、Elastic Agentの登場で、可視性とレスポンス対応能力も向上しています。ユーザーは攻撃を受けたエンドポイントをすばやく隔離してリスクを低下させることができるほか、精選されたosquery検索ライブラリを用いて、リッチなエンドポイントデータを脅威の調査に役立てることもできます。Elastic Agentに内蔵のマルウェア防御機能群も強化されています。一連の機能はWindows、macOS、Linuxの3 OSにわたって高度な保護を提供し、DarkSideやREvilなどのランサムウェア攻撃に対抗します。

Elasticオブザーバビリティ

Elasticは、Fleetによる安全かつ一元的なElastic Agent管理機能のリリースを発表しました。Fleetの活用は遠隔測定を最適化し、セキュリティリスクを低下させるほか、アプリケーションの根本原因分析を促進します。またFleetを使って組織のインフラ全体にエンドポイントセキュリティをデプロイすることにより、ユーザーはアプリケーションの開発速度を低下させることなく、リリースプロセスの一部にセキュリティを組み込むことができます。

Elasticエンタープライズサーチ

ElasticはKibanaに、App SearchおよびWorkplace Search向けの単一の管理インターフェースを導入したことを発表しました。この統合により、ユーザーは新規の検索エンジン作成のほか、クエリの関連性調整、ユーザーアクセスの管理、可視化のカスタマイズの操作をElasticオブザーバビリティおよびElasticセキュリティと同一の管理インターフェースで行うことができます。

Elastic 7.14の新機能についてさらに詳しくは、ブログ記事でもご紹介しています。

今回のリリースに寄せて

  • Elasticチーフプロダクトオフィサー、アシュ・クルカルニは次のコメントを発表しました。「Elasticは組織が単一のプラットフォーム上で高速かつ大規模に開発、実行、保護を実践できるよう注力しています。今回Elasticのソリューション全般にわたって導入された各種の新機能は、組織のデータに対し、比類ない可視性と制御性を確立するものです。ユーザーは環境の安全性に確信を持ってイノベーションを実現し、またカスタマーエクスペリエンス向上や、事業の成長促進に継続して取り組むことが可能になります」

Elasticについて

Elasticは、無料かつオープンな継承資産を礎に設立された検索会社です。Elasticのプロダクトとソリューションはだれでもすぐ、ストレスフリーに使いはじめることができます。Elasticはあらゆる環境にデプロイできるテクノロジースタックをベースに、エンタープライズサーチ、オブザーバビリティ、セキュリティの3つのソリューションを提供しています。ドキュメント検索からインフラ監視、脅威ハンティングまで、リアルタイムで、大規模なデータ活用を実現します。Elastic StackはCisco、eBay、Goldman Sachs、Microsoft、The Mayo Clinic、NASA、The New York Times、Wikipedia、Verizonを含む世界中の企業や組織で採用され、ミッションクリティカルなシステムを支えています。Elasticは、地球上のあらゆる場所で社員が働く「分散型企業」として2012年に設立され、ESTCのシンボルでNYSEに株式を公開しています。詳しくは、elastic.co/jpをご覧ください。

###

本ドキュメントに記述されているあらゆる機能ないし性能のリリースおよびタイミングは、Elasticの単独裁量に委ねられます。現時点で提供されていないあらゆる機能ないし性能は、すみやかに提供されない可能性、または一切の提供が行われない可能性があります。

Elasticおよび関連するマークは、Elastic N.V.およびその子会社の商標または登録商標です。他のすべての会社名および製品名は、該当する所有者の商標である場合があります。