PRESS RELEASE

Elasticが初のグローバル調査「変化するITリーダーの役割」を発表

従業員エクスペリエンスの向上とビジネス回復力における ITリーダーの影響力が新型コロナの1年で増大
2021年4月12日

Elastic報道関係担当

Elastic 広報

PR-Team@elastic.co
カリフォルニア州マウンテンビュー -2021年4月12日 -

ElasticsearchやElastic Stackを展開するElastic(NYSE:ESTC)(「Elastic」)は本日、リモート勤務をサポートするためにインフラを改革するIIT部門責任者にとって、従業員のエクスペリエンス向上が新たな優先事項になっていることを示す調査結果を発表しました。「The Changing Role of the IT Leader(変化するITリーダーの役割)」と題された調査は、世界的な感染拡大から1年を迎えた2021年2月にElasticがForrester Consulting社と共に実施しました。調査報告書はこちらからダウンロードしていただけます。

世界10か国のCIOおよびITリーダー1,000人を対象としたアンケート形式で実施された本調査により、現在のような変革の時代には従業員エクスペリエンスを核とする適応型ビジネスモデルが、事業の回復力を高め、持続可能な競争力を生み出し、効果的な事業成長の要なることが示されました。

新型コロナの流行が始まって以来、多くのグローバル企業では、リモート勤務やハイブリッドな就労モデルへの移行が恒常化しています。ITリーダーの60%近くは、従業員の柔軟な働き方を可能にすることで組織の適応力が向上すると考え、従業員エクスペリエンスと生産性を高めるためのテクノロジーに投資しています。

世界的に見ても、IT部門と人事部門の連携は強化されつつあり、パンデミックが始まって以来、57%のITリーダーが人事担当者とより密接に連携しています。

世界の多くのITリーダーはテクノロジーに関する意思決定において、従業員を中心としたアプローチに軸足を移していますが、ITでエンゲージメントと生産性を促進する環境を確立するためには依然として障壁があります。

景況に関して、世界の調査対象者の92%が「生き残りを図っている」、あるいは「現状維持」と回答。「成長中」は8%。

  • アジア太平洋では、「成長中」と回答した企業の割合が中国(21%)と日本(16%)で「成長中」の企業数が全体の平均を最も上回ったのに対し、「現状維持」の回答率がオーストラリア(78%)で最多となった。
  • 欧州では、「生き残りを図っている」と回答した企業の割合がオランダ(64%)とドイツ(60%)が全体の平均59%を上回り、苦戦がうかがわれた。
  • 北米では、「成長中」と回答した企業はわずか7%で、その3倍の企業が「生き残りを図っている」と回答した。

60%のIT企業はリモート勤務の生産性とパフォーマンスを支援するために、従業員エクスペリエンスの向上に投資しているが、そのための予算やツールは入手できていない。

  • 63%の企業がデータアーキテクチャーを進化させ、データ分断化を削減することで、社員のデータアクセスの拡充を重視するデジタルビジネス体制への移行を優先的に実施している。
  • 世界のITリーダーの57%が過去12か月間に予算を削減しており、35%が10%以上の予算削減を経験した。
  • ITリーダーの60%は、まだリモート勤務をサポートするための適切なツールや社内ポリシー/マニュアルが入手できていない。

今回の調査結果発表に寄せて

  • ElasticのIT部門ヴァイスプレジデント、キム・ハフマンは、「新型コロナウイルスの世界的流行から1年が経過した今、ITリーダーが、従業員エクスペリエンスをあらゆるテクノロジーに関する意思決定の中心に据えるべき時が来ていることをデータが示しています。ITリーダーは、従業員をサポートし、次世代の日常や完全に変化した就労形態に適応するために、社内プログラムを迅速かつ劇的に進化させ、加速させなければなりません」と述べています。
  • Elasticグローバル人事シニアヴァイスプレジデント、リア・サットンは、「従業員エクスペリエンスを向上させるには、人事部門とIT部門のリーダーの緊密な連携が大変重要です。そしてこの1年間ほど、両者の連携が重要だったことはありません。両部門のリーダーが持つ洞察力と専門知識を組み合わせることで、従業員がIT、人事、経理などの部門間でたらい回しにならずに済みます。つまり、従業員は自分の業務を円滑に遂行するために必要なツールやリソースへのアクセスをサポートされ、情報提供を受け、権限を与えられるような総合的ななコーポレート・エクスペリエンスを享受できるということです」と述べています。

調査手法

本調査「The Changing Role of the IT Leader(変化するITリーダーの役割)」(2021年4月、調査委託元:Elastic)にあたり、Forrester Consultingは1,000人のCIOおよびIT意思決定者を対象としたグローバルなオンライン調査と、オーストラリア、中国、フランス、ドイツ、インド、日本、オランダ、北米、シンガポール、英国のCIOおよびITリーダーを対象としたインデプスインタビューを実施しました。

Elasticについて

Elasticは、無料かつオープンな継承資産を礎に設立された検索会社です。Elasticのプロダクトとソリューションはだれでもすぐ、ストレスフリーに使いはじめることができます。Elasticはあらゆる環境にデプロイできるテクノロジースタックをベースに、エンタープライズサーチ、オブザーバビリティ、セキュリティの3つのソリューションを提供しています。ドキュメント検索からインフラ監視、脅威ハンティングまで、リアルタイムで、大規模なデータ活用を実現します。Elastic StackはCisco、eBay、Goldman Sachs、Microsoft、The Mayo Clinic、NASA、The New York Times、Wikipedia、Verizonを含む世界中の企業や組織で採用され、ミッションクリティカルなシステムを支えています。Elasticは、地球上のあらゆる場所で社員が働く「分散型企業」として2012年に設立され、ESTCのシンボルでNYSEに株式を公開しています。詳しくは、elastic.co/jpをご覧ください。

Elasticおよび関連するマークは、Elastic N.V.およびその子会社の商標または登録商標です。他のすべての会社名および製品名は、該当する所有者の商標である場合があります。