Elasticsearch Serviceを利用したログ分析と可観測性(オブザーバビリティ)

Elasticは、Elastic Stackを利用したログ分析および可観測性のための機能強化を進めています。専用のログUI、インフラストラクチャーUI、稼働状況の監視、アプリケーションパフォーマンス監視の他、インデックスライフサイクル管理およびロールアップ機能のすべてが、データの一元的な監視と予防的管理のために動作します。これらの機能がElasticsearch Service(ESS)on Elastic Cloudでさらに強化され、ユーザーがHot-Warmアーキテクチャーのようなパワフルなデプロイをわずか数分でスピンアップできるようにします。

本ウェビナーでは、Elastic Stackが有するログ分析および可観測性の堅牢な機能の適用方法と、Elasticsearch Serviceの高速起動、高速実行の方法をご紹介します。

アジェンダ:

  • Elastic Stackについて
  • Elasticsearch Service(ESS)について
  • ログ分析と可観測性(オブザーバビリティ)について
    • 導入事例
  • Elastic StackとESSを利用した可観測性(オブザーバビリティ)
    • ログ
    • メトリック
    • APM
    • アップタイム監視
  • 可観測性のデプロイの管理
    • Hot-warm デプロイ
    • インデックスライフサイクル管理
    • Beatsの中央管理
  • 今すぐに実際に使ってみるには?

Q&Aのドキュメントは こちら 。

試してみませんか? 14日間の無料トライアルはこちら。

なお本ウェビナーは英語の動画です。日本語字幕はございません。


Anurag Gupta

ビデオをみる

最新のElastic Stackに関する情報をお送りします。