エキスパートが教えるELK Stackのアップグレードのヒント

Elastic Stack(旧名称:ELK Stack)が全製品(Elasticsearch、Kibana、Beats、Logstash)にわたって、パワフルな新機能をマイナーリリースとメジャーリリースを合わせて導入しました。お使いのElastic Stackデプロイを最新バージョンにアップグレードすると、これらの新機能や拡張機能がご利用になれます。

しかし、ソフトウェアアップグレードは特にElastic Stackのように対象ソフトウェアがミッションクリティカルなアプリケーションを動作させている場合には、非常に困難なタスクと考えられていました。もう、そんな心配はなくなります。シンプルで深い理解に基づくヒントを実行すると、可能な限りシームレスにアップグレードできます。

本ウェビナーは、Elasticコンサルタントのダニエル・マールとサウド・レーマンが、Elastic Stackのフルアップグレードを実行する際のテクニカルガイドを実体験に基づきご紹介します。多数のコンサルティングプロジェクトを通じて明らかになった実用的なヒントを参考にしてください。

アジェンダ:

  • Re破壊的変更のレビュー
  • インフラストラクチャーの留意事項
    • クラスターのヘルス状態
    • インデックス化の留意事項
    • ディザスターリカバリー
    • ブートストラップチェック

参考情報

なお本動画は英語です。日本語字幕はございません。

Daniel Marr

Saud Rehman

ビデオをみる

You'll also receive an email with related content