Elastic Stack 6.0新機能紹介ウェビナー

最新のElastic Stack 6.0で追加された下記機能について、Elasticのエキスパートが紹介しています。

  • 少量のデータを持つフィールドを効率的に管理し、ストレージコストを低減する新しい手法
  • ワンクリックで検索結果をCSVファイルにエクスポート
  • MetricbeatでDockerとKubernatesの監視を強化
  • 複数のLogstashの中央管理UI
  • しきい値ベースのアラートを簡単に作成・管理できる新しいUI
ビデオをみる

Kosho Owa

Kosho Owa is a Principal Solution Architect at Elastic with over 12 years experience of leading cybersecurity software development teams and working with very large enterprise customers and xSPs. He covers from search to IT operational and cybersecurity analytics use cases and works together with customers to find out gems from massive volumes of heterogeneous data.

Jun Ohtani

Elasticで日本におけるコミュニティーエンジニアを担当。Elasticsearch勉強会の立ち上げを行うなど、日本で Elastic Stack (Elasticsearch, Kibana, Logstash, Beats)を広めている。