Elastic Stack 6.0新機能紹介ウェビナー

最新のElastic Stack 6.0で追加された下記機能について、Elasticのエキスパートが紹介しています。

  • 少量のデータを持つフィールドを効率的に管理し、ストレージコストを低減する新しい手法
  • ワンクリックで検索結果をCSVファイルにエクスポート
  • MetricbeatでDockerとKubernatesの監視を強化
  • 複数のLogstashの中央管理UI
  • しきい値ベースのアラートを簡単に作成・管理できる新しいUI
ビデオをみる
その他のビデオもご覧ください。

最新のElastic Stack 6.0で追加された下記機能について、Elasticのエキスパートが紹介しています。

  • 少量のデータを持つフィールドを効率的に管理し、ストレージコストを低減する新しい手法
  • ワンクリックで検索結果をCSVファイルにエクスポート
  • MetricbeatでDockerとKubernatesの監視を強化
  • 複数のLogstashの中央管理UI
  • しきい値ベースのアラートを簡単に作成・管理できる新しいUI

Kosho Owa

国内大手セキュリティベンダーでサイバーセキュリティ対策ソフトウェアの開発に従事した後に、2016年にElasticに入社。Principal Solutions Architectとして、ドキュメントの検索からログの可視化・分析まで幅広いユースケースをカバーし、Elastic Stackを利用した大量データの活用方法を、日々お客様に提案している。

Jun Ohtani

Elasticで日本におけるコミュニティーエンジニアを担当。Elasticsearch勉強会の立ち上げを行うなど、日本で Elastic Stack (Elasticsearch, Kibana, Logstash, Beats)を広めている。