近日開催予定のウェビナー

Elastic 8.6での新機能

icon-calendar2023年2月15日
icon-globe
日本
icon-clock
午後12:00~13:00
icon-voice日本語

主催者

鈴木 章太郎
鈴木 章太郎

テクニカルプロダクト マーケティングマネージャー

Elastic

概要

このバーチャルイベントでは、原因解析、レスポンスタイム、ストレージ効率の向上を実現するElastic 8.6の最新機能のアップデートをご紹介します。

ハイライト:

  • Elastic Enterprise Search(エラスティック・エンタープライズ・サーチ)
  • Elastic 8.6では、検索インデックスに自然言語処理(NLP)を実装、管理するための新しいツールを導入し、価値創造までの時間と検索結果の質を向上させます。さらにElastic 8.6では、MongoDBからデータを取り込む際に、カスタマイズされたフィルタリングによってより高い制御性と精度を実現し、ネットワークドライブ用の新しいオープンソースコネクタによって取り込み全体の柔軟性を高めています。
  • Elastic Observability
  • Elastic 8.6では、Elastic Observabilityが新しいOpsGenieコネクタを介してアラートワークフローを提供し、エンドツーエンドのインシデント管理を合理化します。また、アプリケーションの依存関係に起因するパフォーマンスや可用性の問題の特定を支援する、新しいキュレーション・ジャーニーにより、根本原因の分析が加速されます。
  • Elasticセキュリティ
  • Elastic Security 8.6では、SIEM、クラウド、エンドポイントにおける調査およびインシデント対応時間が短縮され、ランサムウェア保護の強化、アナリストのワークフローの改善、エンドポイントの高度な検出を実現します。
    関連リソース:

    参加登録フォーム

    当日ご都合が合わない場合は、イベント後にご登録いただいたメールアドレスへ録画をお送りいたします。こちらのフォームよりご登録ください。