オンデマンドウェビナー

Elastic 8.1リリースのご紹介: より多くの統合、より速いインデックス作成速度、データストレージ要件の低減

主催者

Headshot
鈴木 章太郎

テクニカルプロダクト マーケティングマネージャー

Elastic

概要

このバーチャルイベントでは、サーバーレスアーキテクチャやCI/CDビルドパイプラインをより深く可視化することでアプリ開発を加速させ、新しいプリビルト検出、新しい悪意ある行動の保護、多数の新しいデータソース統合によって高度な敵対者を阻止する、Elastic 8.1の新機能とアップデートについてご説明いたします。

Elastic 8.1では、インデックス作成の高速化、データストレージ要件の低減、質問から回答までの一連の流れの合理化 (Kibanaの新しいアドホック分析機能)を実現します。

ハイライト:

  • Elastic オブザーバビリティ
        • AWS LambdaやCI/CDパイプラインなどをより深く可視化し、アプリケーション開発を加速させます。
    • Elastic セキュリティ
      • 中アラート用の新しい検出機能とホストベースの防御用の悪意のある動作の保護機能で新しい攻撃を阻止する。
      • ネットワークパケット分析、脅威のインテリジェンスと環境活動の新しいソースにより、検知と応答を加速するために可視性を強化します。
  • Elastic Stack と Elastic Cloud
    • MTTRの短縮にも、脅威の探索にも、doc-onlyの値で最大20%のインデックス作成速度の向上と20%のデータストレージ要件の削減を実現します。
    • Kbana の新しいアドホック分析機能により、質問から回答までのプロセスを合理化し、よりスマートに解決することができます。
  • Additional resources:

    ビデオをみる

    最新のElastic Stackに関する情報をお送りします。