近日開催予定のウェビナー

Elastic x mabl 共同セミナー

icon-calendar2022年7月29日 (金)
icon-globe
日本
icon-clock
午後15:00~16:00
icon-voice日本語

主催者

鈴木 章太郎
鈴木 章太郎

テクニカルプロダクト マーケティングマネージャー

Elastic

藤田純
藤田純

エンタープライズセールスエグゼクティブ

mabl 株式会社

概要

デジタルカスタマーエクスペリエンスの向上

〜 Elastic と mabl で実現する、ユーザー視点の アプリケーション Observability 〜

開発のライフサイクルが早まるにつれて、企業が提供するアプリケーションは日々進化を遂げています。それにともなって、ユーザーが求める理想的なカスタマーエクスペリエンスの水準も高まってきており、開発チームは、インフラだけではなく、アプリケーションレベルにおいても解像度の高い Observability が求められるようになりました。ページの表示速度が遅かったり、購買完了までのステップがスムーズに動作しなかったりすると、ユーザーはストレスを感じてサイトから離脱してしまい、見えない機会損失が生じてしまいます。目に見える障害だけではなく、日常的な顧客体験の Observability を高めておくことで、障害はもとより、ユーザーがストレスを感じている部分を可視化し、改善することができます。

Elastic はあらゆるパブリッククラウドにデプロイできる検索・分析プラットフォームとして業界をリードしてきました。Elastic が提供する Enterprise Search や Observability ソリューションにより、カスタマージャーニーからアプリケーションの異常値や課題を発見し、問題の特定をスピーディーに実現します。mabl は E2E テスト自動化のローコードソリューションを提供する SaaS ベンダーで、様々なカスタマージャーニーのテストシナリオをキャプチャリプレイで記録して自動的に実行することができ、日常的なユーザー体験、および特定の挙動に問題がないかどうかを検知します。

当ウェビナーでは、Elastic と mabl の2社が「デジタルカスタマーエクスペリエンスの向上」をテーマに、データからカスタマーエクスペリエンスを可視化し、問題発見と解決を行うアプローチと、自動化された E2E テストによってユーザー視点からカスタマーエクスペリエンスを検証するアプローチの両軸でアプリケーションのパフォーマンスマネジメントの向上や Observability を高めていく方法をご紹介いたします。

アジェンダ

オープニング (15:00~15:05  | 5分) 

Session 1 (15:05~15:30  | 25分) 

Elastic エンタープライズサーチとオブザーバビリティによる

デジタルカスタマーエクスペリエンスの向上

概要:

Elastic はオープンでフリーな超高速検索エンジンとデータの出入力インターフェースから構成され、あらゆるパブリッククラウドにデプロイできる、業界をリードする検索・分析プラットフォームです。Elastic により企業や個人は魅力的な顧客 Web サイト体験やモバイルアプリ体験を提供できます。ここでは Elastic による実装をサンプルアプリのデモを交えながらご紹介していきます。

Elastic テクニカルプロダクトマーケティングマネージャー 鈴木章太郎

Session 2: (15:30~15:55  | 25分) 

ユーザー視点からカスタマーエクスペリエンスを検証する!E2E テスト自動化 

概要:

mablは E2E テスト自動化のローコードソリューションを提供する SaaS ベンダーで、様々なカスタマージャーニーのテストシナリオをキャプチャリプレイで記録して自動的に実行することができ、日常的なユーザー体験、および特定の挙動に問題がないかどうかを検知します。ここではユーザー視点、アプリケーションの挙動を担保する自動テストをmablでどのように作ることができるのか、機能の概要をご紹介いたします。

mabl 株式会社 エンタープライズセールスエグゼクティブ 藤田純  氏

Q&A (15:55~16:00  | 5分) 

クロージング・写真撮影

参加登録フォーム

当日ご都合が合わない場合は、イベント後にご登録いただいたメールアドレスへ録画をお送りいたします。こちらのフォームよりご登録ください。