オブザーバビリティ
小売

Splunkから移行したグローバルeコマースマーケットプレース運営企業、Elastic Stackを標準化して包括的なオブザーバビリティを構築

将来性と、コスト効率にすぐれたスケーラビリティ

SplunkからElasticのソリューションに移行したことで、データを制限なく、低コストで監視できるようになりました。組織の成長に応じて新たなデータソースをシームレスに追加し、完全なオブザーバビリティを構築することができます。

Elasticのすぐれたカスタマーサポート

SplunkからElasticに移行してすぐ、高い共感に基づくベンダー - カスタマーの結びつきがチームに大きな安心感をもたらしていると実感されるようになりました。組織の成長を支えてくれる、正しいパートナーを選択したという安心がチームに広がりました。

MTTKの短縮、売上と満足度の向上

Splunk時代には長くなりがちだった情報取得までの平均時間(MTTK)は、Elasticへの移行後に、数秒から数分程度にまで短縮されました。このオブザーバビリティの強化はeコマースサイトのダウンタイム回避に貢献し、顧客満足度の向上と、鮮度の高いマーケティング機能という成果をもたらしています。


企業概要

15か国で事業展開するグローバルeコマースマーケットプレースを運営。4,800万人の顧客を抱え、1日に40万以上のトランザクションを処理しています。これほど大量のデータを扱いながら、同社の持続的な成長をサポートするために、確実なソリューションとして見込まれたのがElasticオブザーバビリティでした。

SplunkからElasticに移行した理由

無数のソースから大量のデータが生成される同社が、グローバルな事業拡大と持続的な成長を支えるためにElasticオブザーバビリティを選択したのは自然な成り行きでした。 巨大なeコマースを運営する同社はログ分析、メトリック、機械学習、アラートにElastic Stackを使用し、Elasticオブザーバビリティのメリットを最大に活用しています。

  • Elastic Stackを使ったロギングは、スケールのコスト効率がSplunkと比べて高い:Elastic Stackを導入した同社では、Splunk時代に生じていたコスト面の制約から解放され、日々数テラバイトのデータを簡単に投入することができるようになりました。過大なコストの発生を回避するため、重要な意味を持つ可能性があるログデータの分析をあきらめる、ということもなくなりました。
  • 比類ない将来性を備えたソリューション:Elastic Stackの長所を社内に伝える熱い支持者が生まれたことに加え、Elasticはすぐれたカスタマーサービスとサポートを提供しています。SplunkからElasticに移行するにあたり、こうした要素は上部の経営陣にとって大きな安心材料となりました。
  • セールスとマーケティングへのリクエスト、Webサイトエラー、障害に関するMTTKを数秒~数分に短縮:情報取得までの平均時間(MTTK)が短縮されたことで顧客サービスと、ベンダーの満足度が向上しました。さらにマーケティング部署では、以前は確認できなかった、キャンペーンに関する鮮度の高いインサイトを確認できるようになりました。

SplunkからElastic Stackへの移行を検討されていますか?詳しくは、こちらをご覧ください