RPMでのKibanaのインストール編集

KibanaのRPMは、弊社のWebサイトからダウンロードするか、またはRPM RPMリポジトリからダウンロードできます。これを使って、OpenSuSE、SLES、Centos、Red Hat、Oracle EnterpriseなどRPMベースのシステムにKibanaをインストールできます。

注記

RPMインストールは、SLES 11やCentOS 5など、古いバージョンのPRMでのデストリビューションではサポートされません。代わりに、`.tar.gz`でのKibanaのインストールを参照してください。

Kibanaの最新の安定バージョンは、Kibanaのダウンロードページにあります。その他のバージョンは、過去のリリースページにあります。

Elastic PGPキーのインポート編集

弊社のパッケージはすべて、フィンガープリント付きのElastic Signing Key(PGPキー D88E42B4https://pgp.mit.edu から入手可能)で署名されています。

4609 5ACC 8548 582C 1A26 99A9 D27D 666C D88E 42B4

公開署名キーをダウンロードして、インストールします。

rpm --import https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch

RPTリポジトリからのインストール編集

RedHatベースのデストリビューションの場合は/etc/yum.repos.d/`ディレクトリ、OpenSuSEベースのデストリビューションの場合は/etc/zypp/repos.d/`ディレクトリに、以下を含む`kibana.repo`というファイルを作成します。

[kibana-5.x]
name=Kibana repository for 5.x packages
baseurl=https://artifacts.elastic.co/packages/5.x/yum
gpgcheck=1
gpgkey=https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
enabled=1
autorefresh=1
type=rpm-md

リポジトリが使用できるようになります。次のいずれかのコマンドを使用してKibanaをインストールできるようになりました。

sudo yum install kibana 
sudo dnf install kibana 
sudo zypper install kibana 

CentOSと古いRed Hatベースのデストリビューションでは`yum`を使用します。

Fedoraとその他の新しいRed Hatデストリビューションでは`dnf`を使用します。

OpenSUSEベースのデストリビューションでは`zypper`を使用します。

手動によるRPMのダウンロードとインストール編集

Kibana v5.4.0のRPMは、次のようにWebサイトからダウンロードしてインストールします。

64ビット:

wget https://artifacts.elastic.co/downloads/kibana/kibana-5.4.0-x86_64.rpm
sha1sum kibana-5.4.0-x86_64.rpm 
sudo rpm --install kibana-5.4.0-x86_64.rpm

`sha1sum`または`shasum`により生成されたSHAを published SHAと比較します。

32ビット:

wget https://artifacts.elastic.co/downloads/kibana/kibana-5.4.0-i686.rpm
sha1sum kibana-5.4.0-i686.rpm 
sudo rpm --install kibana-5.4.0-i686.rpm

`sha1sum`または`shasum`により生成されたSHAを published SHAと比較します。

SysV init vs systemd編集

インストール後、Kibanaは自動で起動しません。Kibanaの起動方法と停止方法は、システムがSysV `init`または`systemd`(新しいデストリビューションが使用)を使用するかどうかによって決まります。次のコマンドを実行して、どちらが使用されているかを知ることができます。

ps -p 1

SysV `init`でのKibanaの実行編集

`chkconfig`コマンドを使用して、システムの起動時に自動的に起動するようにKibanaを設定します。

sudo chkconfig --add kibana

`service`を使用して、Kibanaを起動したり停止したりできます。

sudo -i service kibana start
sudo -i service kibana stop

何らかの理由によりKibanaの起動に失敗した場合、失敗の理由がSTDOUTに出力されます。ログファイルは`/var/log/kibana/`にあります。

`systemd`でのKibanaの実行編集

システムの起動時に自動的に起動するようにKibanaを設定するには、次のコマンドを実行します。

sudo /bin/systemctl daemon-reload
sudo /bin/systemctl enable kibana.service

次のように、Kibanaを起動および停止できます。

sudo systemctl start kibana.service
sudo systemctl stop kibana.service

これらのコマンドは、Kibanaが正常に起動されたかどうかについてのフィードバックを返しません。その代わり、この情報は`/var/log/kibana/`にあるログファイルに書き込まれます。

設定ファイルによるKibanaの設定編集

Kibanaは、デフォルトで`/etc/kibana/kibana.yml`ファイルから設定を読み込みます。この設定ファイルの形式については、設定で説明しています。

RPMのディレクトリ構成編集

RPMは、RPMベースシステムの適切な場所に設定ファイル、ログ、およびデータディレクトリを配置します。

タイプ 説明 デフォルトの場所 設定

home

Kibanaのホームディレクトリまたは$KIBANA_HOME

/usr/share/kibana

bin

Kibanaサーバーを起動するための`kibana`およびプラグインをインストールするための`kibana-plugin`を含むバイナリスクリプト

/usr/share/kibana/bin

config

`kibana.yml`を含む設定ファイル

/etc/kibana

data

Kibanaとそのプラグインによりディスクに書き込まれるデータファイルの場所

/var/lib/kibana

optimize

トランスパイルされたソースコード。ある管理操作(プラグインのインストールなど)を行うと、その操作時にソースコードがトランスパイルされます。

/usr/share/kibana/optimize

plugins

プラグインファイルの場所。各プラグインは、サブディレクトリに格納されます。

/usr/share/kibana/plugins