WindowsへのKibanaのインストール編集

`.zip`パッケージを使用して、WindowsにKibanaをインストールできます。

Kibanaの最新の安定バージョンは、Kibanaのダウンロードページにあります。 その他のバージョンは、過去のリリースページにあります。

手動による`.zip`パッケージのダウンロードとインストール編集

Kibana v5.4.0の.zip Windowsアーカイブをダウンロードします。 https://artifacts.elastic.co/downloads/kibana/kibana-5.4.0-windows-x86.zip

好みの解凍ツールで解凍します。これで、kibana-5.4.0-windows-x86フォルダが作成されます。このフォルダを$KIBANA_HOME`と呼びます。ターミナルウィンドウで、次のように、`CD`を$KIBANA_HOME`ディレクトリにします。

CD c:\kibana-5.4.0-windows-x86

コマンドラインからのKibanaの実行編集

Kibanaは、次のようにコマンドラインから起動できます。

.\bin\kibana

デフォルトでKibanaは、フォアグラウンドで実行し、そのログを`STDOUT`に出力します。`Ctrl-C`を押すと停止できます。

設定ファイルによるKibanaの設定編集

Kibanaは、デフォルトで`$KIBANA_HOME/config/kibana.yml`ファイルから設定を読み込みます。この設定ファイルの形式については、設定で説明しています。

`.zip`アーカイブのディレクトリ構成編集

.zip`パッケージは完全に自己解凍型です。デフォルトで、ファイルとディレクトリはすべて$KIBANA_HOME`内に格納されます。このディレクトリは、アーカイブの解凍時に作成されます。

ディレクトリを作成することなくKibanaの使用を開始でき、$KIBANA_HOME`ディレクトリを削除するのと同じくらい簡単にKibanaをアンインストールできるため、非常に便利です。ただし、後で重要なデータを削除しないように、configディレクトリとdataディレクトリのデフォルトの場所を変更することをお勧めします。

タイプ 説明 デフォルトの場所 設定

home

Kibanaのホームディレクトリまたは$KIBANA_HOME

アーカイブの解凍により作成されるディレクトリ

bin

Kibanaサーバーを起動するための`kibana`およびプラグインをインストールするための`kibana-plugin`を含むバイナリスクリプト

$KIBANA_HOME\bin

config

`kibana.yml`を含む設定ファイル

$KIBANA_HOME\config

data

Kibanaとそのプラグインによりディスクに書き込まれるデータファイルの場所

$KIBANA_HOME\data

optimize

トランスパイルされたソースコード。ある管理操作(プラグインのインストールなど)を行うと、その操作時にソースコードがトランスパイルされます。

$KIBANA_HOME\optimize

plugins

プラグインファイルの場所。各プラグインは、サブディレクトリに格納されます。

$KIBANA_HOME\plugins