インデックスの削除編集

作成したインデックスを削除して、再びすべてのインデックスをリストしてみましょう。

DELETE /customer?pretty
GET /_cat/indices?v

次のような応答が返ります。

health status index uuid pri rep docs.count docs.deleted store.size pri.store.size

これは、インデックスが正常に削除されたことを示しています。これで、クラスタに何もない最初の状態に戻りました。

先に進む前に、これまでに学習してきたAPIコマンドのいくつかをもう一度詳しく見てみましょう。

PUT /customer
PUT /customer/external/1
{
  "name": "John Doe"
}
GET /customer/external/1
DELETE /customer

上記のコマンドを注意して調べると、Elasticsearchでデータにアクセスする方法のパターンが実際にわかります。このパターンは次のようにまとめることができます。

<REST Verb> /<Index>/<Type>/<ID>

このRESTアクセスパターンは、すべてのAPIコマンドに見られるので、これを覚えれば、Elasticsearchの習得に向けた良いスタートになります。