始めてみよう編集

Elasticsearchは、オープソースの高スケーラブルな全文検索および分析エンジンです。大容量のデータをすばやく、ほぼリアルタイムで保存、検索、分析できます。通常、検索の機能と要件が複雑なアプリケーションを強化する基礎となるエンジン/技術として使用されます。

以下に、Elasticsearchの使用例をいくつか示します。

  • 顧客が販売製品を検索できるオンラインWebストアを運営します。この事例では、Elasticsearchを使用して、全製品のカタログと在庫を保存し、顧客に検索とオートコンプリートの提案を提供できます。
  • ログデータやトランザクションデータを収集し、このデータを分析および探索して、傾向、統計情報、要約、または例外を探します。この事例では、Logstash(Elasticsearch/Logstash/Kibana Stackに含まれる)を使用して、データを収集、集約、および解析して、LogstashがElasticsearchにこのデータを送るようにすることができます。データがElasticsearchに送られた後、検索と集約を実行して、関心のある情報を探索できます。
  • 価格に敏感な顧客が「特定の電子ガジェットの購入に興味があり、この1か月以内にいずれかのベンダーのガジェット価格がXドルを下回ったときに通知を受け取りたい」といったルールを指定できる価格警報プラットフォームを運用します。この事例では、ベンダー価格を収集しElasticsearchにプッシュして、逆検索(パーコレータ)機能を使用して、価格変動と顧客のクエリを比較して一致が見つかったときに顧客に警報をプッシュできます。
  • 分析/ビジネスインテリジェンスのニーズがあり、大量のデータ(無数のレコードを想定)について調査、分析、視覚化、および特別な質問をすばやく行います。この事例では、Elasticsearchを使用してデータを保存し、Kibana(Elasticsearch/Logstash/Kibana Stackに含まれる)を使用して、自分にとって重要なデータの側面を視覚化できるカスタムダッシュボードを作成できます。さらに、Elasticsearchの集約機能を使用して、データに対する複雑なビジネスインテリジェンスのクエリを実行できます。

以降のチュートリアルでは、Elasticsearchの起動、その内容の一部の確認、および基本的な操作(データのインデキシング、検索、修正など)のプロセスについて説明します。このチュートリアルの最後には、Elasticsearchとその機能についてよく理解し、Elasticsearchを使用して洗練された検索アプリケーションを作成したりデータの情報を探索したりする方法を知りたいという気になっているでしょう。