Logstashのインストール編集

注記

LogstashにはJava 8が必要です。Java 9はサポートされていません。 official Oracle distributionまたは OpenJDKなどのオープンソースのデストリビューションを使用します。

お使いのJavaのバージョンを確認するには、次のコマンドを実行します。

java -version

Javaがインストールされたシステムでは、このコマンドにより次のようなoutputが表示されます。

java version "1.8.0_65"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_65-b17)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.65-b01, mixed mode)

一部のLinuxシステムでは、特にtarファイルからJavaをインストールした場合、インストールを試行する前に、`JAVA_HOME`環境のエクスポートが必要になることがあります。これは、インストール中にLogstashがJavaを使用して環境を自動的に検知し、正しいスタートアップ方法(SysV initスクリプト、Upstart、またはsystemd)をインストールするためです。パッケージのインストール中に、LogstashがJAVA_HOME環境変数を検出できない場合、エラーメッセージが表示され、Logstashが適切に起動できなくなります。

ダウンロードしたバイナリのインストール編集

ホスト環境に合った Logstash installation fileをダウンロードします。 ファイルを解凍します。Logstashはコロン(:)を含むディレクトリパスにインストールしないでください。

サポートされるLinuxオペレーティングシステムで、パッケージマネージャを使用してLogstashをインストールできます。

パッケージリポジトリからのインストール編集

APTおよびYUMベースのデストリビューション用にリポジトリも用意しています。パッケージはLogstashビルドの一部として作成されているため、バイナリパッケージだけが提供され、ソースパッケージは提供されないことに注意してください。

メジャーバージョンでの不注意によるアップグレードを避けるため、Logstashパッケージリポジトリは個別のURLにバージョンごとに分けられています。すべての5.x.yリリースに対して、5.xをバージョン番号として使用します。

次のフィンガープリントが付いたPGPキー D88E42B4(Elasticの署名キー)

4609 5ACC 8548 582C 1A26 99A9 D27D 666C D88E 42B4

を使用して、弊社のすべてのパッケージに署名しています。これは、 https://pgp.mit.edu から入手できます。

APT編集

次のように、公開署名キーをダウンロードしてインストールします。

wget -qO - https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch | sudo apt-key add -

先に進む前に、Debianに`apt-transport-https`パッケージをインストールする必要がある場合があります。

sudo apt-get install apt-transport-https

リポジトリ定義を+/etc/apt/sources.list.d/elastic-5.x.list+に保存します。

echo "deb https://artifacts.elastic.co/packages/5.x/apt stable main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list.d/elastic-5.x.list
警告

上記の`echo`メソッドを使用して、Logstashリポジトリを追加します。`deb-src`エントリも追加されますが、ソースパッケージを提供していないため、`add-apt-repository`を使用しないでください。`deb-src`エントリを追加していない場合、次のようなエラーが表示されます。

Unable to find expected entry 'main/source/Sources' in Release file (Wrong sources.list entry or malformed file)

`/etc/apt/sources.list`ファイルから`deb-src`エントリを削除すると、インストールは正しく動作します。

`sudo apt-get update`を実行します。リポジトリが使用できるようになります。次のコマンドで、インストールできます。

sudo apt-get update && sudo apt-get install logstash

Logstashをシステムサービスとして管理する方法の詳細については、Logstashの実行を参照してください。

YUM編集

次のように、公開署名キーをダウンロードしてインストールします。

rpm --import https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch

/etc/yum.repos.d/`ディレクトリ内で.repo`サフィックスが付いたファイル(例: `logstash.repo`)に次を追加します。

[logstash-5.x]
name=Elastic repository for 5.x packages
baseurl=https://artifacts.elastic.co/packages/5.x/yum
gpgcheck=1
gpgkey=https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
enabled=1
autorefresh=1
type=rpm-md

リポジトリが使用できるようになります。次のコマンドで、インストールできます。

sudo yum install logstash
警告

CentOS 5のようにまだRPM v3を使用している古いRPMベースのデストリビューションでは、リポジトリは機能しません。

Logstashをシステムサービスとして管理するには、Logstashの実行を参照してください。

Docker編集

DockerコンテナとしてLogstashを実行するためのイメージが用意されています。Elastic Dockerレジストリから利用できます。Logstash Dockerコンテナの設定方法と実行方法の詳細については、Dockerを参照してください。