クラウドネイティブの潮流に、Elastic APMの導入で対応する

アーキテクチャーは複雑化の一途をたどり、クラウドネイティブなアーキテクチャーや数千ものマイクロサービスがユーザーエクスペリエンスを構築しています。このような背景から、組織の成功にますます重要となっているのがアプリケーションパフォーマンス監視(APM)です。本ウェビナーでは、Elasticエキスパートが最新機能の概要について解説し、またElastic APMを実際に稼働させるデモンストレーションを実施します。

ウェビナーの主な内容は以下の通りです。

  • Elastic APMの概要
  • エージェントのセットアップ、およびElastic Stackにデータをストリーミングする手順
  • 分散トレーシング、サービスマップ、機械学習ほか各種機能の実行
  • Elasticオブザーバビリティでログ、メトリック、トレースを一元化し、相関付けする方法

Koji Kawamura

Education Engineer

Elastic

ビデオをみる

最新のElastic Stackに関する情報をお送りします。