統合機能群

統合機能を使って収集、接続

データが1つのクラウドにある場合も、複数のクラウドやオンプレミスにある場合も、多彩なデータインジェストメソッドからフレキシブルに選んで使うことができます。クラウドネイティブなインフラ、アプリ、セキュリティアクティビティ&コンテクスト、コンテンツレポジトリに対応する設定不要の統合機能群を使って、データを接続、スケール、探索できます。操作はすべて、直感的なUIひとつで完結します。

videoImage

Elastic AgentのFleetの基本的なコンセプトを説明しています。

ドキュメントを読む

Elastic Agentを使ってデータのインジェストを開始する方法はこちら。

さらに詳しく

Elastic AgentとFleetで、システムをElasticに簡単に接続できます。

記事を読む

設定不要の統合機能

0から始めてすぐ終わるインサイト生成

他のデータソースからのデータインジェストや接続も、Elasticが提供する設定不要の統合機能で手軽に実施できます。環境内のすべてのソースのデータを格納、検索、分析してみましょう。

  • 手軽にインジェストして、データを働かせる

    設定不要の統合機能群を使えば、データが検索可能になります。ソースや形式は問いません。ログ、メトリック、トレースだけでなく、ファイルやWebコンテンツ、セキュリティイベント、コンテクストなども一元化して、組織独自のユースケースを解決しましょう。

  • 数秒で可視性を確立

    統合機能群は、プリビルトのダッシュボードをはじめとする設定不要の各種コンポーネントとスムーズに連携して分析を高速化します。エンドツーエンドの可視性構築にかかる時間と手間を省き、わずか数分ですばやくインサイトを受け取ることができます。

  • 収集するなら、保護もする。…当然でしょ?

    オブザーバビリティの目的で収集したそのデータを使って、ランサムウェアやマルウェア、高度な脅威からエンドポイントを保護しましょう。分散した環境全体のイベントを検査し、対応することが可能になります。

インジェスト手法

あらゆるソースのデータをシッピング

Elastic AgentやWebクローラー、各種コネクターなど、たくさんの便利な方法から選んで、アプリやインフラのメトリック、ログ、トレース、コンテンツ、イベントをシッピングできます。Elasticのオープンな共通データモデル、Elastic Common Schema(ECS)を活用すると、あらゆるソースのあらゆるデータをフレキシブルに収集、格納、可視化できます。組織のデータをわずか数分でパース、エンリッチ、保護して、価値あるインサイトに変換しましょう。

  • Elastic Agent

    1クリックで手軽に使える、スケーラブルな統合機能群でデータインジェストを集中的に管理しましょう。Elastic Agentは、オブザーバビリティとセキュリティの各種ユースケースに最適なインジェストメソッドです。

  • Webクローラー

    ElasticのWebクローラーを使えば、外部、または認証済みのWebコンテンツが検索可能になります。組織のWebサイトをインデックスして、モダンな検索エクスペリエンスを構築しましょう。

  • データコネクター

    SaaSの生産性ツールや共同作業ツールをまとめて串刺し検索できます。エンタープライズサーチのコンテンツソースコネクターをお使いください。

  • API

    各種APIを使用してデータインジェストを行うことも可能です。各種のDocument API、および、インジェストパイプラインおよびプロセッサー向けの各種Ingest APIをご使用ください。

  • 言語クライアント

    お好みの言語でソリューションのプログラミングを記述して、パーフェクトな検索エクスペリエンスを構築できます。豊富な機能を搭載したElasticの言語クライアントをご使用ください。

  • Logstash

    データの収集と変換の方法をお探しなら、Logstashをご検討ください。形式を問わずデータをインジェストする、データ処理パイプラインを構築できます。

クラウドプロバイダー向け統合機能群

シンプル&ネイティブな統合機能を使って、AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azure、Google CloudからElastic Cloudにデータを送信できます。

  • Elastic Serverless Forwarderを使うと、Amazon S3に格納されているログをElasticにネイティブにインジェストできます。他のログやメトリックと共にElasticのビューに表示して、一元的な分析に役立てましょう。さらに、AWS FireLensとのネイティブ統合機能を使って、コンテナーのログをAmazon ECSからインジェストすることも可能です。コンテナーとストレージのログを手軽に収集して、高速に分析できます。

  • Microsoft Azureポータルでネイティブ統合機能を活用し、Azureプラットフォームのログインジェストプロセスを自動化できます。ログやメトリックをElasticにストリーミングするVM拡張機能をインストールして、仮想マシンを手軽に監視しましょう。Microsoft Azure Spring Cloudからログとメトリックをシームレスにインジェストして、Spring Boot Applications全体に一元的な可視性を確立することが可能です。

  • Google Pup/Sub(非同期メッセージサービス)やGCS(Google Cloud Storage、オブジェクトストレージソリューション)、BigQuery(サーバーレスデータウェアハウス)からElasticにイベントやログをストリーミングする場合は、Google Dataflowを使うとアーキテクチャーがシンプルになります。さらにElastic App Searchの拡張機能を活用して、モバイルアプリやWebアプリに検索機能を追加することが可能です。

活用事例

Elastic、ビジネスクリティカルなユースケースを支える活用事例をご紹介します。

  • お客様事例

    セキュリティ防御プログラムを構築して、悪意のあるアクティビティを監視

  • お客様事例

    検索の問題を解決したことでエンドユーザーへの理解が深まり、KPIが向上

  • お客様事例

    巨大金融組織全体でのアプリインフラ監視