2016年08月31日 リリース

Release Bonanza! Elasticsearch, Graph, Shield, Watcher, Marvel, Reporting, Logstash 2.4, Beats 1.3, Kibana 4.6リリース!

By Tyler Hannan

Release Bonanza再び!他のリリースブログも続きます。

本日、Elasticsearch 2.4, Kibana 4.6, Beats 1.3, バージョンアップした商用プロダクトをリリースしました。

お楽しみはそれだけではありません。

5.0のalphaを試してみましたか?Reportingの機能を楽しんでみましたか?それをすぐに使ってみたいともいませんでしたか?

そこでお知らせがあります、Reportingです!

Reporting

Reportingについての詳細はblog postをご覧ください。Kibana <3 をPDFで共有する簡単な動画を置いておきますね。

Kibana_Heart.gif

さらに付け加えておきますが、Elastic Cloudでも利用できるようになっています。2.4にアップグレードすれば可能です。

もっと詳しく知りたいですか?こちらのWebinarに登録して ご覧ください。

Elasticsearch

詳細についてはElasticsearch 2.4 release postをご覧ください。

  • Dots-in-field-names - 戻ってきたと言わないでください。。。5.0でのfield mappingの変更を2.4で利用できるようにバックポートしました。release postで、削除や追加、アップグレードに関する考慮点についてご覧いただけます。

Kibana

詳細についてはKibana 4.6 release postをご覧ください。

  • Linux Packages - aptやyumでインストールしていますか?アップグレードしたいですか?詳細についてはrelease postをご覧ください。

Logstash

詳細についてはLogstash 2.4 release postをご覧ください。

  • Plugin APIの互換性  - 5.0 APIを利用するプラグインをインストールすることができます。

Beats

Beats 1.3.0 releaseでは、いくつかの重要な修正と改善があります。詳細はrelease notesをご覧ください。ハイライトは以下の通りです。

  • Go 1.7にアップグレード。これによりmacOS Sierraのサポートとパフォーマンス改善があります。
  • 乱数のジェネレータの修正
  • Outputのロードバランスモードを利用している時に、無限にリトライするデッドロックの可能性を修正
  • TCP、Memcache、NFSモジュールでのPacketbeatの問題の修正

ES-Hadoop

ES-Hadoop 2.4.0 releasesでは多くの修正と改善があります。これらにはメモリリークの修正、URL形式のクエリを含んだリソースのパースの問題の修正、Elasticsearch 2.4.0サポートを含みます。 

最も重要なのは、ES-HadoopとElasticsearchのバージョン番号がまた同じ番号に戻ったということです!バージョン番号による混乱がなくなりました。

いますぐダウンロード!