軽量ログシッパー

何台ものサーバーや仮想マシン、コンテナからログが吐き出される環境でSSHでトラブルシューティングするのは、もはや現実的ではありません。ログやファイルを転送して1か所にまとめる軽量なツール、Filebeatを使用すれば、シンプルなものはシンプルに扱うことができます。

製品のアップデート情報を入手する。

New Filebeat now has more modules so you can monitor it all. New Docker and Kubernetes features like autodiscovery make life easier. Read More

堅牢で安定

どんな環境でも、アプリケーションのダウンタイムを完全にゼロにすることはできません。Filebeatは、ログの読み込みと転送が中断された場合にはその箇所を記憶し、システムが復旧すると、処理を再開します。

シンプルなものはよりシンプルに

FilebeatにはApache、NGINX、MySQL、Syslogの専用モジュールが含まれます。ログの収集、パース、可視化を簡単に行えます。OS毎の一般的な項目や、ElasticsearchのIngest Node Pipelineの定義、KibanaのDashboardを自動的に設定します。

コンテナでもご利用になれます

Dockerでの運用がお好みですか? 諦めることはありません。Filebeatを専用のコンテナにインストールして、同じホストのコンテナから出力されるログを収集することができます。共有ボリュームをマウントすれば、全てのホストのログも同様です。もしくはDocker JSONドライバと、FilebeatのDocker Prospectorで、コンテナのログをかき集めることも。もっと簡単にしたいですか? Docker専用のAutodiscoveryが、FilebeatのModuleの実行や、特定のディレクトリからのログ収集をお手伝いします。

パイプラインのオーバーフローを起こさない

Filebeatは、データの突発的な増加を考慮して、LogstashやElasticsearchにデータを転送する際に、独自のバックプレッシャーセンシティブプロトコルを使用します。Logstashがデータの処理に追いつけなくなると、Filebeatはそれを検知して、読み込みのペースを緩めます。輻輳が解消すると、Filebeatはスピードを戻して処理を続行します。

ElasticsearchまたはLogstashに転送。Kibanaで視覚化。

FilebeatはElastic Stackの一部です。つまり、Logstash、Elasticsearch、Kibanaとシームレスに動作します。ログやファイルをLogstashで整形または情報を付加する、Elasticsearchで分析結果を編集する、Kibanaでダッシュボードを作成して共有する。どんな場合でも、Filebeatでスマートにデータを転送できます。

Filebeatの使い方

必要なログを瞬時に発見。

ダウンロード

自由に利用できるオープンソース。