Beats

軽量データシッパー

Beatsは、単一目的のデータシッパーです。軽量なエージェントとしてインストールされ、何百、何千ものマシンからデータをLogstashやElasticsearchに転送します。

BeatsとX-Packを使ってネットワークデバイスを監視する。 ビデオをみる

New Beats 6.2 introduces more modules, keystore support, plus Auditbeat goes GA. Read More

Beatsファミリー

多様なデータに対応する多様なシッパー

軽量

データの発生元から送信。たったそれだけ。

データ収集ならBeatsにお任せ。サーバーにインストールして、Elasticsearchにデータを集めます。もっと高度な処理をお望みであれば、Logstashにデータを送信して変換やパースを任せることも出来ます。

Moduleで、データの投入から可視化までを迅速に

プラグ&プレイ

FilebeatMetricbeatには、NGINX、Apache、システム情報、Redis、Dockerといった一般的なログフォーマットのデータを収集、整形、可視化する仕組みが備わっています。たったひとつのコマンドで、始めることができます。

メタデータの監視

コンテナの可視化

Dockerにも、Kubernetesにも対応しています。FilebeatMetricbeatは、それぞれコンテナのログやメトリックを収集し、Elastic Stackに送信する前に、必要に応じて加工します。すぐ、簡単に始めることができます。

拡張性

足りないBeatがありますか? 自分で作ることもできます。

オープンソースBeatの要となるのは、データ転送用の共通ライブラリ、libbeatです。専用のプロトコルがあってモニターする必要がある場合は、作成いただくこともできます。必要なビルディングブロックは提供されます。 Community Beatsの全リストを見る

ELASTICSEARCHのマネージドサービス

BeatsはElastic Cloudにもデータを転送できます。

Elasticsearchのマネージドサービスを利用している場合も、この軽量シッパーを使えば、Elastic Cloudに簡単にデータを送信できます。